今期開始アニメ 雑感 その2

 2017-10-19
今期開始アニメの雑感、その第2弾です。
今期はなかなかに良さそうなタイトルが多くて、フォローして行くことが大変になりそうだと考えるとちょっと困ってしまうのですが、まぁ、それは嬉しい悲鳴というものですね。

1) 宝石の国

以前から原作は気になっていたものの、何となく、一度も読んだことのないままに来てしまっていたので、今回のアニメ化は、『宝石の国』という物語を知るには、いいチャンスなのかなと思って、第1話を録画していました。
それを観ていて思ったのですが、この作品、全体的な雰囲気からそこはかとなく萩尾望都の空気を感じるような……
私の勘違いかも知れませんし、あるいは本当に原作者か主要スタッフの誰かがファンなのかもしれませんけれど、ともあれ、わりと最初の辺りでそのように感じてからは、何だかそういう風にしか思えなくなった、というのは、本筋とは関係ないかもしれませんけれど、本作の第1話について私が一番強く印象に残っていること。
CGの使い方は、前回紹介した 「Infini-T Force」 に比べると、しっくり来ていた、かな。
物語的には、まだ何がどうなるのか分からないので、しばらく視聴継続のつもりです。

2) 魔法使いの嫁

EDが、小峰公子作詞、吉良知彦作曲、吉良知彦・上野洋子編曲という楽曲だった、ということが、まず一番のトピック。
その上で、このアニメ化なのですけれども、原作の持っている静謐でダークな雰囲気を、上手く映像に落とし込めているのではないかと思いました。
これは、制作サイドもかなり気合が入っていますね。
作画にしろ演出にしろ、やり過ぎるくらいに丁寧にやらないと、すぐに折角もともと物語が持っている雰囲気を台無しにしてしまいかねないわけですが、そういう意味でも、このままのテイストで、最後まで作りきってほしいものです。
2クールの放送だというのは、じっくりと描くことができるだろうという点では良いのですが、それが制作サイドに負担になってクオリティーが落ちてしまうのだけは避けて欲しいので、ちょっと戦々恐々としながら、毎週の放送を追いかけていきたいと思います。

3) クジラの子らは砂上に歌う

こちらも、非常に美しい美術で魅せてくれる第1話でした。
物語の方は、この段階ではまだ何がどうなるのか分からないのでコメントしにくいところですが……
まぁ、色々とこの手の作品のお約束をきっちりと守ったモノになりそうで、鉄板である、ベタであることは悪いことではないですし、このビジュアルでそれを徹底してくれるのであれば、なかなかの作品となってくれそうだなと思っています。
原作マンガはそれなりに人気もあるようですし、それが裏切られることは無い、と思います。きっと、多分。
ただ、原作が終わっていないという、最近の原作モノアニメによくあるパターンを踏襲していますから、きっと、物語は中途半端なところで終わってしまうのだろうなと思うと、それは何だかなぁ、という気分にもなってしまうのは否めません。
そこをあまり気にせずに、とりあえず画を楽しんでいればいいのかもしれませんけど。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1827-10c95802

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫