「交響詩篇 エウレカセブン ハイエボリューション1」

 2017-09-19
週末に公開が始まった映画、『交響詩篇 エウレカセブン ハイエボリューション1』を観てきました。
もともとのTVシリーズは2005年の4月から1年間放送されてたので、今から12年前のことになりますよね。
2009年に公開された、TV版の画像を再編集して全くのアナザーストーリーとして構成した、最初の劇場版、『交響詩篇 エウレカセブン ポケットは虹でいっぱい』 からでも、7年。
その間に、続編である『エウレカセブンAO』が2012年にTVシリーズとして放送されたりもしていますが、仮にそこからカウントを始めても、5年も経過しているわけです。

確かに、TVシリーズはすごく面白い、いい話の傑作ではありました。
とはいえ、このタイミングで、しかも3部作で、なぜ今、『交響詩篇 エウレカセブン』 の劇場版なのか、というのは、疑問があります。
また、4クール、全50話(ここでは敢えて「ニューオーダー」は含めないでおきます)もある物語を3本の劇場版にするのは、新作カットも多く加えるらしいとはいえ、さすがに、ただのダイジェスト版になってしまうのではないか、ということも、疑問です。

つまり、その疑問に対する答えを知りたいという気持ちと、懐かしさに誘われて、映画館へと足を運んだのです。

そしてエンドロールを迎えたわけなのですが……。
なる程。
制作側の思っていることとは違うかもしれませんけれども、完全に一見さんを切り捨てている作りの映画ですね、これは。
映画の構成は、前半が新作部分であり、物語の前段であった 「ファースト・サマー・オブ・ラブ」 の、圧倒的にぐりぐりと動き回る美しくも格好良い戦闘シーンで、後半は、主人公であるレントンが、どうしようもない「ガキ」の状態から、大人へと成長する階段を一歩上りだすところまでを描く、という感じ。
TVシリーズの前半部分を大胆にカット&アレンジして、映画を、「チャールズとレイとレントンの物語」としてまとめあげています。
こう来たか!という感じで、なかなかグッとくるものもあったのですが、それでも、これが、TVシリーズを観たことがないような人には、色々と、「何が何だかさっぱり分からない」というところばかりの、説明不足な作品であることは、残念ながら否めません。
もしかしたら、最初から、そういった説明をする気は無かったのかもしれませんが(それをやっていたら、冗長になる上、筋書きを読み上げるだけの映画になってしまいますし)。

「ちょっと、全面的に肯定することはできない作り方だけれども、個人的には結構好きな映画化」というのが、今の時点での、私の偽らざる感想です。
第2部以降も、必ず観よう、と心に誓うくらいに。

ただ、これ、世間的な評価は、かなり厳しくなるんじゃないかな……。
この構成で行こう、とGoサインを出した人は、自分のセンスが一般とはズレているということを真剣に考えた方がいいかも。いや、私は、こういうのも結構好きですけどね。
第2部以降の制作が凍結される、なんていうことにだけはならないよう、願っています。
第2部と第3部が、どのような物語になるのか、私が密かに期待しているように、「エウレカとレントンの物語」「アネモネとドミニクの物語」になるのかは分かりませんけれど、いいものを観させてくれるのではなかろうか、というこの期待感があるだけに、そこが、心配です。
スタッフロールの後に流れた予告は、あれは果たして冗談なのか、本気なのか……?



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1821-546131d9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫