Give Peace A Chance

 2008-08-27
ここ数回の大会は全て商業主義化が懸念されていたオリンピックですが、今回の北京大会は開催国が国威発揚を前面に押し出していて、個人的に、商業主義の色合いが少しばかり後方にかすんでいるような印象がありました。
自らが大国になったと政治的アピールをする場にオリンピックを使うというのは、効果的かもしれないけれどもちょっと古いやり方だし、今回の北京五輪はそういう意味で、特にオリンピック関連の中国情勢ニュースなどを観るにつけ、時代が50年は昔に戻ったような錯覚すら覚えていたものです。
それでも、それがスポーツの国際大会であれば、今の時代にこれは、やや時代錯誤的なところもあるなということで済んでいたのですが、それで済まないのが、南オセチア紛争を巡るロシアの動向。
グルジアのやっていることが正しいとも思っていませんけれども、ロシアのやっていることは、帝国主義の時代かあるいは東西冷戦時代かと揶揄したくなるほど覇権主義的に見えます。
コソボ問題などもありましたけれども、正直、今回のグルジアとの紛争でロシアがここまでやってくるとは、思っていませんでした。
メドベージェフ大統領……というより、現在も同国を牛耳っている元大統領のプーチン首相の狙いはどこまでのものなのでしょう。
それによっては南オセチア以外にも新たな火種が生まれかねないと思うと、どうにも怖くなってきます。
ロシア料理は大好物ですし、クラシック・ミュージックにおけるロシアの作曲家や演奏家とか、ロシアの作家の小説とか、好きな人、もの、作品も多いので、私個人としては、わりと好きな国なのですけれど、ロシアは…………でも、こういう動きは、ちょっと、なぁ……。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/181-b4ae3262

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫