「恋するタイムマシン 穂瑞沙羅華の課外活動」

 2017-08-19
ハルキ文庫から出ている機本伸司の『恋するタイムマシン』は、「穂瑞沙羅華の課外活動」シリーズの4冊目。
これを、「穂瑞沙羅華の登場してくる小説」という条件に変えてカウントするならば、デビュー作の『神様のパズル』も含めて5冊目。
スピンオフ的作品の『神様のパラドックス』は、穂瑞沙羅華が直接的に活躍する話では無いですが、これも含めると6冊目、ということになります。

キャラクター造形の偏り……というか、作者の好みなのかもしれませんけれども、これはちょっと実際にはいないだろうというようなタイプ、感情のあまり感じられない会話文というような、私が機本作品に常々感じている違和感というか欠点は、今回も同じ。
まぁ、それもこのシリーズに限って言えば、穂瑞沙羅華というヒロインがそもそもそういう風になってしかるべき生まれ育ちを持っているキャラなので、そこにあまり違和感を感じないでいられるのですけれど。

さて、今回の『恋するタイムマシン』ですけれども、扱っている題材は、まぁ、タイトルにそのまま表れていますね。
量子コンピュータの開発者である天才女子高生の穂瑞沙羅華が営むコンサルタント業への依頼は、両備という若き研究者がダークマターの研究を隠れ蓑にして進めようとしている、ワームホールを使ったタイムマシン開発を、何とかして断念させてほしいというもの。
そこに、理論物理学の天才でありながら、いやむしろ、早熟の天才であるが故に、人の心の機微が分からない沙羅華が、自分では理解できない「愛」というものについて頭をひねる展開を加えて、いつも彼女に振り回されている主人公の綿貫との関係にも、少しの進捗が出てくるという内容です。
これまでシリーズをずっと読んできた身には、なかなか嬉しいというか、楽しめる作品になっていたと思います。

正直、文系人間な私には、専門的な記述部分は、10の内の半分くらいしか理解できていないのですが、そこは雰囲気で読み流せば問題ありません。
このシリーズは今年5月に最新刊にして最終巻が発売されているので、それも、早めに読み始めるとしましょう。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1802-5bdfbe0a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫