やはり、フルーム

 2017-07-25
今年のツール・ド・フランスは、以前にもここで書いたように、ステージ優勝や山岳賞、ポイント賞、そして総合と、それぞれの勝負で主役もしくは準主役になるだろうと期待された選手が、次々とリタイアしていくという、例年以上に厳しい展開を見せた3週間となりました。

その理由は単純では無くて、落車だったり体調不良だったり、選手により、シチュエーションにより異なっているのですが……
それにしても、ここまでメインどころがいなくなっていくツールというのは、私の記憶にはありません。
まぁ、元々、ここに全てを賭けてくるようなシチュエーションがあって、他のグラン・ツールと比べても落車なども多いのが、ツール・ド・フランスの特徴の1つではあるのですけれど。

個人的に「彼には是非、頑張ってほしいな」というように思っていた選手も多く途中のステージでレースを去ってしまって、そういう意味では、毎ステージをTV観戦していても今一つ入り込めない大会だったかもしれません。
こんなことを書いてしまうのは、一生懸命走っていた選手には、申し訳ないのですけれど。

そんなツールも先週の日曜日に今年の全日程を終え、例年通りにパリのシャンゼリゼ通りのゴールを迎えました。
「終わり良ければ全て良し」ではありませんけれども、色々とあったレースだったとしても、こうしてその一切が終わった段階でスタートからこれまでを振り返ってみると、これはこれで面白い大会ではあったなと思えるものですね。
もちろん、私の贔屓選手が大活躍できていれば、もっと面白かったかもしれないというようなことが頭をよよぎらない言えば、嘘になります。
けれども、過ぎたことが今からどうなるわけでもないですし、そこは考えても仕方がないことですよね。
「もしも」の話には固執しないで、無事に3週間を走り抜けた選手、その中で何らかの成果を手にできた選手のことを、讃えるべきでしょう。

では各賞の結果を、簡単に。

今年の総合優勝を勝ち取ったのは本命中の本命、チームスカイのクリストファー・フルームでした。
正直、可愛げのないくらいの強さです。
でも、歴代の偉大な勝利者を振り替えてみるに、チャンピオンというのはこういうものですよね。
勝つべくして勝つ、というのは、言うほど簡単なことでは無い、というのは、誰しも分かることですし。
フルームの走りのスタイルはそこまで好きでは無いのですけれども、人間的にはなかなかの好人物ですし、この勝利は、やはり素晴らしいものであります。

スプリンターが手にするポイント賞はチーム・サンウェブのマイケル・マシューズで、山岳賞は同チームのワレン・バルギル。
複数の特別賞ジャージを同時獲得というのは、チームとしては(本当に色々なことがあったツールとはいえ)大成功だと言っていいでしょう。

そして最後、新人賞はオリカ・スコットのサイモン・イェーツが獲得しています。
彼は昨年の新人賞だったアダム・イェーツの双子の兄弟。これはちょっと面白い話ですよね。こうして双子が2年連続で新人賞を獲得というのは、100年を超える長いツールの歴史の中でも、さすがにこれが初めてのことになるらしいです。


公式サイトはこちらから

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1794-063fbaf7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫