「メアリと魔女の花」

 2017-07-16
基本、ジブリの新作を映画館に観に行く、ということからはすっかり遠ざかっていた私ですが、先週末に公開が始まった 『メアリと魔女の花』 については、久しぶりに、劇場のスクリーンで観てみようかなと思いました。

いや、同作が、色々な意味でジブリ作品では無い、ということは、知っています。
スタジオポノック第1作、という表現を使う方が妥当だということは、言うまでも無いことでしょう。
そこには、宮崎駿も、高畠勲も、いないのですから。

しかし、ポノックは、そしてこの 『メアリと魔女の花』 は、誰がどう見たってジブリの系譜がそのまま繋がっている作品であり、その意味では、ジブリの新作と言ってしまっても過言では無い……かどうかは分かりませんが、このスタジオ、この監督、このスタッフ、そしてこの作品を語る時に、ジブリのことを抜きにはできないでしょう。
で、ジブリ系統の作品で、かつ、別作品ででかけた映画館で予告編を観た限りでは、実は、この作品にはあまり触手が動いていませんでした。
どうせ、いつもジブリテイストだろうし、1年もすればTV放送されるだろうから、その時でも別にいいんじゃないか、とか、いっそ、TV放送もどうでもいいかなぁ、というくらいに、関心が薄かったんですよね。
そんな私が、それでも重い腰を上げた理由は簡単かつ単純。
ジブリの制作部門が閉鎖されて、その後の道を模索する中で、ならば自分たちで新たなスタジオを立ち上げて新作を作ってやろうじゃないか、という気概を応援してあげたいな、と感じたからに、他なりません。
やっぱり、チャレンジャーの背中は、少しでも後押ししたくなるじゃないですか(突き落としたくなる、というわけでは無いですよ、もちろん)。

そんな感じで、観に行った 『メアリと魔女の花』。

王道の作品、でした。
物語もシナリオも、後期ジブリ作品っぽいなぁ、という印象が強かったのは、まぁ、実質的にジブリの後継者であるポノックの作品なので、当然と言えば当然のこと。
『借りぐらしのアリエッティ』 も 『思い出のマーニー』 も、どちらもあまりちゃんとは観ていないのでアレですが、出てくるキャラクターの瞳が、(かなりの老人のものも含めて) 妙にキラキラしているのに、違和感というか、ちょっとした気持ち悪さみたいなものを感じてしまったのは、もしや、米林監督の絵柄、なのかなぁ……?
一部、演出がオーバーで鼻についたのも、個人的にはマイナス点だと思います。

しかし、全体としては、丁寧にしっかりと作った、正統派なアニメ映画、ということになるでしょうか。
ジブリが好きだった人であれば、観て損はしない、いい作品ではないでしょうか。

もっとも、後期ジブリの、良いところも悪いところも、そのまま受け継いでいるのは、フレッシュさは無いですし、今後もそれで行くつもりなのかどうか、宮崎駿のコピーから脱するつもりがあるのか、無いのか、は、大いに気になるところですが。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1787-cad5178b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫