最低野郎たちの物語

 2017-07-06
前回のエントリーで、この6月に放送を終えた番組の簡単な感想を書きましたが、実は、あそこでは採り上げなかった番組に、もしかしたら一番、毎週の放送を楽しみにしていたかもしれない、というものがあります。

それが、TVK(テレビ神奈川)で再放送をしていた、『装甲騎兵ボトムズ』。

確かに、今見ると、色々と古臭いところもありますが……
これが、抜群に面白い。
1クールや2クールで終わってしまう番組を見慣れてしまっている状態で、4クールをかけてじっくりと物語を描いている作品は、かなり新鮮でした。
一見、無駄に見えるようなエピソードも、実際物語の本筋にはほとんど関係がないシーンも、こうして改めて最初から最後までを再見してみると、作品を豊かにし、キャラクターを掘り下げるのに非常に効果的だったなぁ、ということに気が付かされます。

やっぱり、たまにはこういう、1年を費やしてじっくりとストーリーを紡ぐような作品があってほしいなぁ。
それも、できれば、かなり渋めのものが。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1785-4f48fec1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫