ベネット!

 2017-05-22
アメリカ西海岸、カリフォルニア州において、7日間にわたって開催された自転車ロードレース、ツール・ド・カリフォルニアがゴールを迎えました。

正直、レースの途中経過を見ている限りだと、ポーラ・ハンスグローエのラファル・マイカが総合優勝を獲得するのではないか、と思っていました。
しかし、いざ終わってみると、総合首位のジャージを表彰台で纏ったのはロットNLユンボのジョージ・ベネット。
マイカは、コンディションのピーキングの問題も現時点では無いわけではないのでしょうけれども、実際、タイムトライアルの走りをもう少しでも改善しなければ、こういうレースでの優勝はまだ難しいということなのでしょうか……。

その他の各賞についても触れておきましょう。

ポーラ・ハンスグローエは総合優勝は逃したものの、ポイント賞は、ペーター・サガンが貫録の獲得。
そして山岳賞はユナイテッドヘルスケアのダニエル・ハラミーリョが熱戦を制し、ヤングライダー賞はディメンションデータのラクラン・モートンが獲得をしています。

中継放送は早朝に行われていましたし、何かと忙しくもあったので、録画したものを 1.5倍速の再生で観るというスタイルがメインとなってしまいましたし、時にはチャプターを飛ばしたりもしていたので、各ステージをきちんと観戦していたとは、お世辞にも言えない状況ではありました。
それでも、要所はしっかりと観ていましたし、結構な面白い大会だったと思います。


公式サイトはこちらから


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1768-4956fc54

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫