「BLAME!」

 2017-05-24
全面的にCGを導入したアニメ作品については、その日本における導入期の違和感の印象が強くて、何となくの苦手意識がありました。
しかし、ここ数年の技術の進歩により、アクションにしても顔の表情や動きにしても、あまり違和感を感じさせないようなものが作られるようにもなってきていますし(それでも、まだ、違和感バリバリの作品はあるのですが……その辺りは、予算の関係もあるのでしょうね)、アレルギー的な拒否感は、かなり薄れてきています。
それでも、実のところ、当初は観に行こうという気がほとんど湧いてこなかった作品が、あります。

それが、弐瓶勉のマンガを劇場作品として仕上げた、『BLAME!』。
SF作品ですし、かなり渋めに、硬派に作られているようですから、好みか好みでないかで言えば、間違いなく私の大好物。
なので、普通であれば間違いなく、確実に、映画館に足を運ぶところなのですけれど、そこで前述のCG作画に対する抵抗感というものが、出てくるわけです。
TVシリーズとして製作された作品をその放送時に、基本、電気代以外はタダである状態で観るのと、出費を伴って映画館まで行く、というのとでは、やはり、事情は違いますからね。

そんな私を、強烈に後押しし、こいつはやはり映画館に行かなければいけないか、と思わせた要素は、大きく2つあります。

1つ目が、早川書房が出した、『BLAME!』のアンソロジー本の存在。
ここには、私がその著作を追いかけている 小川一水 が手掛けた作品が収録されていて、それを読みたい、読もうというのであれば、やはり、原作に対する知識は無ければだめだろうと考えたから。

2つ目が、劇場版のノベライズを、これもまた、私が著作を追いかけている作家である 冲方丁 が手掛けているということ。
ならば、冲方版のノベライズを読んで、それからアンソロジーを読めばそれでOKなのではないか、という考えもあるのですけれども、ノベライズを楽しむ前提に、映画を観ておくことは、必須条件とまではいかないまでも、結構大事なことではないか、と思えたのです。

と、こういうわけで、私は劇場アニメ 『BLAME!』 を観に行くことに決めた次第なのですけれども、この流れで行くのであれば本来ならば、その前に原作マンガを読むべきです。
ただ、それなりのボリュームのある作品ですし、実のところ個人的な事情により、今すぐにそれを読む時間は確保できなさそうであること、そうこうしている内に、映画の公開が始まってしまいそうなことから、ここは敢えて先に映画を観てしまうことに。
せっかくならば音響のいいところで鑑賞したかったので、立川のシネマシティに行ってきました。

増殖する都市、そしてそこから排除される住民、という世界設定は、ついこの間読んでこの「別館」でも紹介したばかりの柞刈湯葉『横浜駅SF』を思い出させますが、時系列的には 『BLAME!』 の方が先に発表されています。
実際、柞刈湯葉自身が『横浜駅SF』について、同作は 『BLAME!』 へのオマージュ、パロディーの色合いが濃い作品であると言及しているので、両者に類似性があって当たり前、と言えますね。
徹底したハードさを描いていた『BLAME!』と、どこかユーモラスだった『横浜駅SF』とでは、受ける印象はかなり違いますけれど。

さて、そんな 『BLAME!』 をジャンル分けするならば、「ディストピアSF」ということになるでしょう。
人類の黄昏、ネット接続機械文明の弱点、などなど、語ろうと思えばかなりのネタを用意できる作品でもありますが、公開が始まったばかりでネタバレは避けたいですし、その辺りの論評は、それを得意としている人に席を譲ります。
1つ言えるのは、全体的にテンションが張り詰めている、シビアな物語の作品であったということ。
逆に、そうやって始終、ギリギリの緊迫感があるが故に、物語の進行がちょっと単調になってしまったところがあるように感じられるのが、いかにももったいないということ。
緩急がつけ切れていない感じ、と書けば、お分かりいただけるでしょうか。
まぁ、気を抜くシーンの入れどころもそんなにありませんでしたし、むしろ構成的にはかなり濃密に詰め込んだ感がありますから、結果、こういう風にしかできない、ということなのかもしれません。
100分程の映画であれば、それでも勢いで突っ走れてしまいますしね。

そういう、ちょっと気になるところはありつつも、これは、かなりの傑作映画だと感じています。
特に、私のようなSF好きには、徹底してツボでありましょう。
上映終了後、即座に原作マンガも読むことを決めましたし、何ならサントラCDも買ってしまおうかというくらいに、気に入りました。

昨年は 『君の名は。』『聲の形』 、そして 『この世界の片隅に』 を始め、アニメ映画がなかなかの豊作でしたけれども、今年もそれに負けず劣らずいい年になるのではないか。
そんなことを、強く感じさせられました。

お勧めの、作品です。



公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1767-92200917

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫