「読者と主人公と二人のこれから」

 2017-04-29
今回「本館」に先がけて紹介する読了本に選んだ岬鷺宮の『読者と主人公と二人のこれから』は、読んでいて全身がムズムズとしてくるような、ボーイ・ミーツ・ガールの物語。

過去のとある出来事から、人と積極的な交流をすることを避けている少年が、本作の主人公。
彼はそんな事情から、高校に入学しても、良い意味でも悪い意味でも目立たず、存在感の薄い3年間を送ろうと決めていたのですが、クラス分け後のホームルームで行われた自己紹介の際に、その目論見が大きく崩れ始めます。

中学時代に出会い、そこに綴られた少女トキコの気持ちに多大な共感を覚えていた小説、『十四歳』。
そのトキコと同姓同名(名前がカタカナ表記か漢字か、の違いはありますが)で、容姿や雰囲気が、まるで本の中からトキコがそのまま出てきたかのように思える柊時子との出会いが、その原因です。
小説家である彼女の姉が、妹をモデルにして書いたのが『十四歳』だったと知った主人公は、小説に描かれたトキコから知った情報などを基に、自分と同じように不器用な時子を何かとフォローしようとするのですが……というのが、物語の導入部となっています。

当然ですけれども、いくらモデルとなった人物であり、そこに描写されている内容は彼女の当時の感情そのものに非常に近いといっても、時子とトキコは別人なわけで、その辺りの齟齬が生み出すことになるものが、本作の物語上、大きな位置を占めてきます。
そこに2人がどう向き合うことになるのか、既に結構なところを書いてしまった気もしますし、これ以上のネタバレは避けておきますが……。
いやぁ、青春、ですねぇ。

さすがに登場キャラクターと年齢的にかなり離れてしまっている私は、深く感情移入しつつ読むというよなことはできずに、むしろ物語のピュアさにムズ痒さを覚えつつ読むことになった、というのは、冒頭に書いた通り。
なお、そのムズ痒さは決して嫌なものではなく、むしろ心地よささえ感じるようなものであり、要するに、楽しみながら面白く読ませてもらったのです。

こういう作品は、私のような年齢層ではなくて、むしろ今現役の中高生に読んでほしいところ。
が、ラノベの読者層の中心となるのは30代や40代というような話もありますし、シリーズものでもない単巻作品、それもほとんど有名ではない作者のものともなれば、露出も少ないでしょうから、なかなか、そういう層に手に取ってもらえることも無いのかもしれません。
かなり面白い、良質で大いにお勧めできる作品なのですけれど……うーむ。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1754-89dbab47

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫