バルベルデ、4連覇!

 2017-04-20
「北の地獄」パリ~ルーベを最後に北のクラシックが終われば、その次はアルデンヌ・クラシックの3連戦が始まる、というのが、例年、春の自転車ロードレースの流れです。

今年はネットでスポーツ中継を配信するDAZNが日本でサービスを本格的に開始したことで、放映権のアレコレによって J-Sports での春のクラシックシーズン生中継が、グッと少なくなってしまっています。
そんな中、数少ない生中継である、アルデンヌ第2戦のフレーシュ・ワロンヌが、19日夜に今年放送されました。

ツール・デ・フランドルに勝ち、さらに前週のアムステル・ゴールドレースでも勝つなど、現在絶好調である、クイックステップ・フロアーズのフィリップ・ジルベール。
そんな彼は、アムステルでの落車の影響で内臓に負傷をしていたことが分かり、大事を取って今回は欠場。
それでも、5度目の優勝にして4連覇という偉業を狙うモヴィスターのアレハンドロ・バルベルデを始め、幾人もの有力選手の熱い戦いが繰り広げられました。

言うまでも無く、勝つだろう、最有力優勝候補だ、と言われる者が、下馬評通りにきっちりと勝利を手にしてみせるというのは、決して簡単なことではありません。
そんな中、ゴール前で、レース名(フレーシュ)である矢を射るポーズを見せつける余裕もある、他を寄せ付けない圧倒的な走りを見せたのは、やはりこの人が来たか、としか言えないバルベルデ。
「ユイの壁」と呼ばれるゴール直前の激坂で、他チームの選手のアタックに反応した彼は、そのままその選手を抜いて最終アタックを開始。
一気に他のライバル達を引き離してゴールすると、チームスタッフらと歓喜を爆発させました。

ゴール前が彼の得意とする地形だからとしても、30代半ばで4連勝達成というのは凄いです。

同じようなコースを得意とするジルベールがいれば、バルベルデといい勝負ができたかもしれませんが、「たられば」をここで言っても仕方がないですよね。


公式サイトはこちらから

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1753-7eb59373

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫