コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第18話

 2008-08-10
ナナリーがフレイヤの劫火に焼かれて死んでしまいました。
ルルーシュを独占したいというロロの悪意が彼女を殺すのかと思っていたのですが、まさかスザクの手によってナナリーの命が奪われてしまうとは……!
咲世子さんによって虜囚の身から解放され戦線に復帰したカレンの操る紅蓮により絶体絶命のピンチになったスザクが、決して使わないと心に決めていたフレイヤを使うことになってしまったのは、かつてルルーシュが彼にかけた「生きろ」というギアスのせいでした。
シャーリーを失ったルルーシュとユーフェミアを失ったスザクが、今度は2人でナナリーを殺してしまった形になります。
当然ルルーシュにも責めがありますが、表面的には、窮地に陥ったスザクが自らが生き延びる為に目標も定めずにフレイヤを使ったという事実しか見えず、それ故、ルルーシュはスザクをナナリー殺害の犯人として考え、決して許さないことでしょう。
ユーフェミアを殺したルルーシュに対してスザクが抱いた憎しみの、これは裏返しです。
ルルーシュがユーフェミアの命を奪ったことについてスザクに言い訳をしなかったように、スザクもまた、ルルーシュに対して今回のことについて言い訳はしないことでしょう。
この2人の和解は、これで更に遠のいてしまいました。というより、あり得なくなった、と言ってもいいかも。
スーパー忍者の咲世子さんがナナリーをフレイヤの焔から救っていれば、あるいは、というところですが、そんな御都合主義な展開があるとも思いにくいですし。

フレイヤを政庁上空に向けて撃ったスザクのランスロットを観たシュナイゼルがほくそ笑んでいたのが、彼の本性を示しているように思えますね。
結局彼にとってはナナリーも、エリア11を収めて行くのに都合の良いコマの一つに過ぎなかったのであり、それ以上のもの、例えば肉親の情とか、そういったことは一切感じていなかったということなのでしょう。

その他、気になったことを以下に順不同に列記します。
まず、拘束から脱したコーネリアが今後どのような行動を起こすのか。
次に、太平洋上の皇帝は何を考えているのか。
今回も意味深であったアーニャに隠された秘密、彼女の過去とはどのようなものなのか。
朝比奈からギアス嚮団殲滅戦に関する情報を得た藤堂が何を思うのか。
そして、九州での闘いはどのような状況になっていて、黒の騎士団はこの天王山の闘いを優位に終わらせることができるのか。

次回タイトルは「裏切り」。
やはり、高まるゼロへの不信感から、黒の騎士団内で分裂が起きてしまうのでしょうか。
それとも、ロロがルルーシュを裏切るのかも?

http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/tb.php/387-dc22a653
http://app.blog.livedoor.jp/dc3ss/tb.cgi/319267
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/2555-3068ea90
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/200808100002/bac4f/
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/875-345e0d2f
タグ :
コメント
もう、私ふらふらです(苦笑)。
先週今週と、マジで胃が痛みました…orz
ユフィのことがあったので、ナナリーのこともある程度は覚悟していたんですが、ちょっとでも生き残る可能性はあるのかも、なんて期待していた私が甘ちゃんでした。
ルルのギアスがナナリーをも殺してしまうことになってしまうなんて。スザクが直接その引き金を引くことになってしまったなんて、本当に残酷。
これで、もうルルはゼロでいる必要な無くなってしまいましたよね。守るべきナナリーがいなくなってしまったんですから…。
黒の騎士団崩壊への一歩だったのかも。

シュナイゼルは、ホントに恐いです。
【2008/08/10 20:53】 | ゆぅべ #PvuSrscg | [edit]
ゼロを演じ続ける理由にして、自分の行動原理にもなっていた妹の死。
それはルルーシュにとっては生きる意味を失うに等しく感じられるかもしれません。
だけれど、それで全てを投げ出してしまうには、彼はこれまでに多くの人々の人生を変えてきてしまっている、多くの命を奪いすぎている。

藤堂達との間に生まれつつある軋みによる黒の騎士団及び超合集国の崩壊を食い止めるには、ルルーシュは、自分がブリタニア王族であること、そしてギアス能力のことを明かさなければならないでしょう。
しかし、それを明かしてしまったならば、黒の騎士団にはいられなくなる可能性が高い。

ここにきて、前回にスザクが言った、最後まで演じ切れ、というセリフが重みを増して来ました。
果たしてルルーシュは(そしてスザクは)どうなってしまうのか。
本当、これでもかと主人公をいじめる作品ですよね。
ルルーシュは決して満たされることなく、平穏に包まれることもなく、ただ永遠に反逆を続けなければならない宿命でも負っているのでしょうか。
【2008/08/11 01:16】 | たっぷ #7aaudPik | [edit]
公式ページにナナリーとその他フレイヤに消滅させられた人は「行方不明」となっています。

それと、シュナイゼルが皇帝に「あの人は現実に興味」がないというコメント。

ナグナロクシステムの起動と、皇帝自らの東京への行軍。

この事象の接点は、皇帝のナグナロクシステムとナナリーたちの「行方不明」はくっついている事であって、
さらに大胆な予想を考えてみると、
ナグナロクシステムで戦場の人たち全員の思考に介入し、現実を書き換えているとかで、
実際はナナリーたちは死んでいないとか?
【2008/08/14 01:28】 | ume #mQop/nM. | [edit]
ume さん、いらっしゃいませ。

そうですね、ラグナロクシステムの機能については「神を殺す」という抽象的な表現しか情報が無い為、詳細がまだ分かっていませんし、ume さんのコメントを読んで、おっしゃるような可能性もあり得るな、と私も感じました。
新OPにおける、ナナリーが投じた折鶴が虹の航跡を描きながら空を飛んで行く映像から考えると、彼女はこの物語のラストをどう締めくくるかを考えたときに最重要の役割を担うのではないかと思われるので、この段階でこんなにあっさり退場させてしまうかどうか、疑問の残るところでしたし。
いずれにせよ、残された放送話数でどれだけの展開をみせてくれるのか、非常に楽しみなところですよね!
【2008/08/14 20:39】 | たっぷ #7aaudPik | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/175-a45c1599

【2008/08/10 18:57】
【2008/08/10 19:15】
【2008/08/10 19:44】
  • コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第18話「第二次 東京 決戦」【のらりんクロッキー】
    バッドエンドまっしぐら? アバンのルルのセリフでや~な予感がしたけど、 まんまいってしまうとは予想外でした。 なんとも後味の悪い18話。 戦争ものだから仕方ないけど。 ルル:「ナナリーさえ取り返せば…お前は用済みなんだ」 ボロ雑巾:「ナナリーを見つけ...
【2008/08/10 20:35】
【2008/08/10 20:46】
  • コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN18「第二次東京決戦」【MAGI☆の日記】
    コードギアス反逆のルルーシュR2の第18話を見ました。TURN18 第二次東京決戦『超合衆国決議第一号、日本解放の要請を受け、黒の騎士団は神聖ブリタニア帝国の植民地エリア11に対し、上陸作戦を展開する。キュウシュウ沿岸に陣取るナイトオブワン、ビスマルク・バルトシュ...
【2008/08/10 20:55】
【2008/08/10 21:12】
  • (アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第18話 「第二次 東京 決戦」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc) キュウシュウで、そしてトウキョウ租界で戦闘が始まった。超合集国の戦力を得た黒の騎士団とナイトオブラウンズをも投入したブリタニア軍。精鋭同士の全面対決は紅蓮聖天八極式の参戦で更に激化していく。そ...
【2008/08/11 02:21】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫