ボーネン引退レースの結果は……

 2017-04-11
自転車ロードレース、2017年の春のクラシックも、いよいよそのクライマックスが到来。
先週末、「北の地獄」「クラシックの女王」と呼ばれるパリ~ルーベが今年も華々しく開催されました。

パヴェと呼ばれる石畳の区間が多く存在し、非常にタフなことで知られるこのレース。
今年はずっと好きだった選手の1人である「ベルギーの王様」トム・ボーネンが、このレースを最後に現役を引退すると宣言していることもあって、例年以上に私としても注目している一戦でした。

世の中にはキングカズこと三浦和良のような例外もありますし、競技によって違いはあるはずですけれども、一般にスポーツ選手が第一線で活躍するのは、おおよそ10年くらいというところでしょう。
から、私が現在の事務所に転職した頃から応援し始めたファビアン・カンチェラーラやホアキン・ロドリゲス、そしてこのトム・ボーネン等が現役から去っていくのも仕方の無い時の流れではあります。
そう考えても、やはりボーネンもレースから去っていくという寂しさは、どうしようもないのですけども。

さて、レースは、やはり、トム・ボーネンを絶対に勝たせたいクイックステップ・フロアーズの走りだったり、世界チャンピオンのペーター・サガンだったりという、事前に予想された有力選手を中心に展開しました。
しかし展開の中で、この両名がどちらも先頭から取り残されるということになって勝負は混沌化。
結局、この日の勝利はBMCレーシング所属、昨年のリオオリンピックの金メダリストでもある苦労人のファン・アーベルマートとなりました。

ボーネンは結局、勝負には絡めずじまい。

もちろん、それが勝負というものなので、致し方がありません。
やはり、彼が優勝する姿、あるいはそこまででなくとも表彰台に上がってくる姿を最後に見たかったな、と思ってしまうのは、好きな選手の引退レースだから、これはやむを得ないのですけれども……


公式サイトはこちらから

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1748-686b3523

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫