笠原 弘子 「翡翠勾玉」 他

 2017-06-27
笠原弘子は、今年が歌手活動30周年だそうです。
それを記念したベスト盤も発売されているのですが、それは1987年~1998年という、初期の10年ほどの活動を2枚組に収めたというもので、これまでの彼女の30年間を振り返る作品、というようなわけでは、ありませんでした。
まぁ、その辺は、権利関係とか色々と絡んでくるのでしょうし、仕方のないところではあるのでしょうけれど、どうせならば30年のキャリア全てを振り返るようなアルバムでも良かったのではないかな、という気はしてしまいますよね、やはり。

まぁ、それはさておきましょう。
私が笠原弘子のことを知ったのは、確か ゆうきまさみ 経由。
ロボットものが好きだから、という理由で、『機動警察パトレイバー』 のコミックス第1巻を発売とほぼ同時に購入して、そこから前作の 『究極超人あ~る』 に手を出し、さらに同作のイメージアルバムを買ってみた、というような流れだったと思います。
と、いうことは、初めて聴いた彼女の歌は、『あ~る』 の1枚目のイメージアルバムに収録されていた 「わたしのANDROIDくん」 ということになる、のでしょう。
上記のベストアルバムでも、Disc1 の 1曲目 になっている曲ですね。
それから、『パトレイバー』 OVA の主題歌 「未来派Lovers」 辺りを経て、最初に買ったオリジナルアルバムは…… 『L'EXPRESS FANTAISIE』 だったかな?
松宮恭子の作り出す世界観と、笠原弘子の歌声のマッチングが素晴らしくて、これは良いな、と思ったのを覚えています。

それから大学時代に他のアルバムを揃えて、しかしその後、一時は新譜の購入などはしなくなって、30周年の今年に、実に久しぶりにベストアルバムを買うことにしたりなった。
私にとって笠原弘子とは、そういう歌い手です。
好きなタイプの、しかも質のかなり高い音楽だ、という認識を持ちながらも、しばらく離れていたのは、理由はなぜか、と問われると、なかなか答えにくいのですけれども、何となくそんな気分だった、としか言えない、かなぁ。

あ、途中で、TVアニメ 『ロミオの青い空』 の主題歌シングル、『空へ…』 は買ったりしていたから、完全に離れていた、とは言えない、か。

ともあれ、30周年というメモリアルイヤーを契機として、未所有だったアルバムをちょっと買ってみたり、そういう動きをしてみた笠原弘子の歌声は、やはり良いものでした。
以下に、そんな彼女の名曲の中から、3つほどをピックアップして、動画を貼っておきます。
「空へ…」 はライブアレンジで、原曲とはちょっと違いますが、こちらのバージョンも、実に素晴らしいので、お薦めです。













タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1732-1bf65c05

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫