ちわき まゆみ 「遊星少女フィオラ」他

 2017-04-13
私が ちわきまゆみ のことを知ったのは、TVK が昔夕方に放送していた音楽番組、MUSIC TOMATO の VJ(VIDEO JOCKEY) として出演している姿を見たのが最初です。
なので、一番最初は彼女が音楽をやっているという認識はほとんど無くて、何だか気風のいい人だな、ライターとか、そういう音楽関係の仕事をしている人なのかな、という印象でした。

それから何年かして、彼女が歌っている姿を見ることもあったのですが、当時は、その音楽には、何だかピンと来なかったんですよね。
しかし、更に10数年後、社会人になって何かの拍子に聴いたのが、下の曲、「遊星少女フィオラ」。



この Youtube を観てもらえばわかると思うのですが、歌の上手い下手ではない、強烈なインパクトがあって、瞬間、私はノックアウトされてしまったのでした。
10代の時にはイマイチに感じたものを、30近くになって「こいつはイケてるな」と思う。
その辺りに加齢というものを感じないでもないのですけれど、落ち着いたもの、アコースティックなものに回帰して行ったというのではなくて、メーターが振り切れる方向に突っ走っているというのは、私らしいのか、何なのか……。

正直、好き嫌いが大きく分かれるタイプのミュージシャンだと思います。
一度好きになってしまえば、かなりの中毒性があるという点で、非常に優れて個性的なミュージシャンであり、そしてその個性故に、決してヒットチャートの上位には来れないタイプだとも言えるでしょう。
実際、オリジナルアルバムは1992年の 『EROTIC&PAIN』 以来出ておらず、それ以外のリリースも、1999年のベスト盤 『POPPERMOST』 が最後。

まあ、さすがに今、1980年代の頃のような活動をしてほしいと言っても、それは体力的にも難しいでしょうけれど、彼女が全力を注ぎ込んで制作した、ハジケまくった新作アルバムとか、ちょっと聴いてみたい気はしますね。

最後に、彼女の楽曲の中では1,2を争う位に好きな、「よごれたいのに」 を貼って、今回のエントリを終わりたいと思います。
せめてベスト盤位は、今でも簡単に入手できるようだといいのですけれど、そういうことにはなっていないのが、残念です。




ちわき まゆみ 『POPPERMOST』

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1731-997f6511

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫