「十二人の死にたい子どもたち」

 2017-02-18
第156回直木賞のノミネート作品になった(そして受賞を逃した)、冲方丁の 『十二人の死にたい子どもたち』 が、今回の「本館」更新に先がけて紹介する読了本。
著者初めての現代長編ミステリーということで、そのタイトルを見れば分かる通り、レジナルド・ローズの『十二人の怒れる男』と、そのオマージュとして製作された三谷幸喜の『12人の優しい日本人』を踏まえて書かれたものであることは明白です。
そういえば、以前にどこかのインタビューで、彼が『十二人の怒れる男』のことを絶賛していたような記憶があります。

特にそれを意識しての事では無いものの、図らずも作家生活20周年記念作品となったということはご自身のブログに書かれていましたが、そこには、本作は発案してから書くまでに12年程かかり、更に雑誌『別冊文芸春秋』に1年ほど連載するという過程を経て、ようやく形になった、とも書かれていました。
彼にとっては、それだけ、大事にしてきた構想ということですね。
確か、本屋大賞を受賞後、映画化もされて、SFやラノベ、アニメ好き以外の一般の人にも彼の名前が知られるきっかけとなった2009年発表の『天地明察』(KADOKAWA 角川文庫 上下巻)も、彼がまだデビュー前の学生だった頃から、いつかは書きたいと思い描いていた題材でしたっけ。
言ってみれば一般小説へと進出するターニングポイントとなった作品といい、今回の、初めて現代モノに進出することとなった本作といい、冲方丁、そういう、自分の中で大事な作品については、かなり慎重に、長い期間をかけて構想を練る傾向が、あるのかもしれませんね。
その分だけ良いモノが読ませてもらえるのであれば、こちらとしては、ありがたいかぎりです。

で、『十二人の死にたい子どもたち』ですけれども、元になっている作品が作品ですから、閉鎖環境に集まった十二人の子どもたちが議論を繰り広げて行く物語になっているだろうなというのは、容易に想像ができていました。
舞台は法廷ではなくて廃業された病院、登場人物達は陪審員ではなくて集団安楽死を望んで集まった少年少女。
そういう違いはあれども、基本的なラインは変わらないだろう、と。

となれば、物語の流れも、おおよその見当はつけられるので、そこから逆算して、各キャラクターの言動を観察するように読み進めていた結果、ラストの展開とか某キャラの立ち位置とかも事前に割と予測できてしまった分だけ、新鮮な感覚で読めなかった部分があったのは、否めないところ。

もしも『十二人の怒れる男』や『12人の優しい日本人』の映画を観たことが無ければ、もの凄く新鮮な気持ちで読めたかもしれないと思えば、そこはやや残念かもしれないのですけれども、とはいえ映画は面白かったですし、この『十二人の死にたい子どもたち』も面白かったので、まあいいか。

 十二人の
 死にたい子どもたち

 (2016/10/15)
 冲方 丁
 商品詳細を見る

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1720-ed29f19c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫