「沈黙 -サイレンス-」

 2017-01-29
遠藤周作の代表作の1つを、『タクシードライバー』等のマーティン・スコセッシ監督が、原作と出会ってから28年の構想期間を経て映画化した、『沈黙 -サイレンス-』。
以前に観た予告編で興味を覚えていたので、公開から1週間の先週末に劇場に行ってきました。

私は未読なのですけれど、『沈黙』といえば、そもそも原作自体が非常に有名で、その内容も広く知られている作品です。
ですが、それでも、ここで細かい内容を書いてしまうのはいかにも興醒めというものでしょう。
なので、ここでは基本的にそこには触れずに置jこうと思います。
それでも、私同様に原作未読の人もいらっしゃるでしょうから、ここで簡単に触りだけを書いておくとしたならば、江戸時代初期、幕府によるキリシタン弾圧が激しく行われていた長崎で、自分たちの師匠であり、日本で捕えられて棄教したとされる宣教師を追って密入国した2人の宣教師の物語になります。

神とは、信仰とは、罪とは、強さと弱さ、そして、許しとは。
私はクリスマスにケーキを食べ、寺で厄除け祈祷をし、新年や受験前には神社でお祈りをするというような典型的な日本人で、特定の宗教を信じたりはしていない人間なわけですけれども……
それでも、色々と考えさせられずにおれない映画でした。
宗教的な話題はデリケートなことではありますが、この作品で描かれている題材やテーマは、キリスト教に限らないある種の普遍性もあるのではないでしょうか

主演のアンドリュー・ガーフィールドを始め、役者陣の演技も非常に素晴らしくて、個人的にはイッセー尾形と浅野忠信の2人が、とりわけ強い印象を残したと感じました。
また、本作には思わぬ人が結構出演していて、エンドクレジットに PANTA の文字を見つけた時には、かなり驚かされたのですけれども、PANTA、どこに出ていたかな……?
また、主に台湾で撮影したという映像も美しく、極力音楽の主張を排した抑制された演出も作品に合っていて良かったと思います。

2時間40分の上映時間が長く感じない、それだけの力を持った力作です。
宗教題材なので、誰しもが観るべきだとまでは言えませんが、この映画のことを知ってちょっとでも興味を抱いた人であれば、是非、映画館に足を運んで大スクリーンで観るべきです。
それも、できれば、音響のいい映画館で。

ちなみに、720円という昨今では良心的な価格のパンフレットはテキスト主体の堅実な内容で、久しぶりに映画を観た直後に、欲しい、と思って購入してしまいました。


公式サイトは こちら から



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1714-ab133925

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫