2016年秋クールアニメ 終了時雑感 その2

 2017-01-09
昨年末に最終回まで放送されたアニメの簡単な感想、その第2弾です。
例によって、計算順には特に意味は無く、ただ単に、私がそれを視聴した順番だというだけのことです。

1) Occultic;Nine -オカルティックナイン-

『STEINS;GATE』 は最高に面白い作品でしたし、なんのかんの言って 『ROBOTICS;NOTES』 も好きだったので、何気に期待して観始めた番組。
放送開始の際の感想には載せていませんでしたが、実は、毎週、結構楽しんで観ていました。
最初はノリにちょっとついていけない部分もありましたけれど、そこはそれ、志倉千代丸 の作品はそれが売りの1つでもあるわけですし、視聴を続けていればグイグイと面白くなるのではないかと思って観続けていたら、実際、後半は怒涛の畳み込みでした。
非常に面白かったです。
ただ残念なのは、1クールに収める為に、ラストがちょっと急ぎ過ぎになってしまった感があること。
これが2クールあれば、その辺がもっと丁寧に描けたはず。
もちろん、全24話とかになった場合、間延びしてダルい話になってしまう恐れも無いわけではないのですけれど、この物語であれば、その心配はいらなかったのではないかなぁ。

2) 響け!ユーフォニアム2

安定の作画、演出で、毎回楽しませてもらいました。
こちらも、原作の第2巻、第3巻を全13話に押し込んできているので、物語が駆け足になるおそれがあったのですが、エピソードの取捨選択を徹底した結果、流れにそういった違和感は無かったかな。
ただ、これはアニメ化してほしかった、というようなものもバッサリと切られているので、完璧に満足できるかと問われると、そこはちょっと、アレなのですけれど。
また、1クールにまとめる為なのか、あるいはその他の理由(例えば、立華高校編もアニメ化しようという思惑があるから、似たような描写になるのを敢えて避けた、とか)があるからか、希美 と みぞれ との、和解後の関係性に改変が加えられたのも、それはどうなんだろうか、と気になってしまったところ。
あれは、みぞれ の片想いだった、というところがミソだったのですけれど……
作中で主人公の久美子と、幼馴染である秀一との関係が中途半端で終わったのは、Blu-ray や DVD の特典エピソードか、劇場版への含みだったりするでしょうか。
前者だとしたら、それは個人的にはあまり好きなやり方ではないのですけど、映像ソフトが売れなければ製作費の回収に難があるのだとすれば、それはそれで致し方ない部分もある、のかな?

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1704-44deb998

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫