MOON CHILD 「requiem for man of nomad」

 2016-12-20
私が MOON CHILD を知ったのは、おそらく自分も同じだという人が多いのではないかと思うのですけれども、ドラマの主題歌としてヒットした、彼等の5枚目のシングル、「ESCAPE」を聴いたのが最初でした。
最初がどこでだったのか、そこまではっきりとは覚えていませんが、確か、深夜にやっていたヒットチャート番組での、PV放送だった、はず。
で、そのちょと007的なスパイサウンドに、こいつは格好良いぞ、と思って早速シングルを購入した、というわけです。

その後、2nd アルバムも購入して気が付いたのは、実は彼等の音楽の本質的なところは、「ESCAPE」には無いということ。
むしろ同曲はどちらかというとイレギュラーなタイプの楽曲で、これが最初のヒットとなって、そのイメージが MOON CHILD というグループに付いて回ることになってしまったのは、実は結構な不幸だったのではないか、3枚のアルバムを残して解散することになってしまったのも、実はその辺の影響も無視できないのではないかと、今では思っています。
もちろん、本当のところがどうなのかは、分からないまま、私が勝手に感じていることでは、あるのですけれど。

そんな MOON CHILD の、では本来の音楽性はどうだったのかというと、動きの大きいメロディーラインとアップテンポなアレンジでポップな曲をやっていて、音楽的には、岡村靖幸 辺りの影響を感じさせるところもある、かな?
フロントマンでほとんどの楽曲の作詞・作曲を手掛けた 佐々木収 がクネクネ踊るところも、岡村靖幸っぽいと言えなくもないかも。
バンド名は、レーベルから旧バンド名(タンバリンズ)の変更を求められた際に、前述の 佐々木収 が MOONRIDERS を好きだったから、それにちなんで付けた、という話もありますね。
その辺も、同じく MOONRIDERS ファンの私としては、共感を覚えるところです。

そんな MOON CHILD の、おそらくは音楽的に一番コアな部分なのではないかと私が感じているところが、1つの楽曲として完璧にまとめられていると思うのが、今回紹介したい、「requiem for man of nomad」。
この曲については、多くを語りますまい。
とにかく、下の Youtube を観て、聴いて下さい。とにかく、無性に格好いいから。



 POP & DECADANCE
 (1999/1/27)
 MOON CHILD
 商品詳細を見る

ついで、というわけでもありませんが、私が MOON CHILD を好きになるきっかけになった「ESCAPE」の動画も、貼っておきます。
バンドの(というか、佐々木収の)本質とは違うかもしれませんが、こちらも、名曲です。



 MY LITTLE RED BOOK
 (1997/11/27)
 MOON CHILD
 商品詳細を見る

Youtube 動画の下には、ジャケットを見せたいという理由から、それぞれの楽曲が収録されたオリジナルアルバムへの Amazon リンクを貼っています。
が、実のところ、この2曲と、それ以外にもシングルでリリースされた「アネモネ」や「Hallelujah in the snow」、「Star Tours」という曲を聴いてみたいということであれば、とりあえずベスト盤を入手してみれば、それで主だった曲と、彼等がどんな音楽をやっていたのかは、確認できます。
できればオリジナルアルバムを聴いて、シングル以外の曲も味わってほしいところですが、ベスト盤で、というのも、それはそれで否定しません。
ただし、複数あるベスト盤の中でも、『Treasures of MOON CHILD~THE BEST OF MOON CHILD~』 は注意。
ここに収録されている「requiem for man of nomad」は別アレンジのもので、それはそれで悪いとまでは言えないのですが、やはり、上の動画のオリジナルアレンジの方が、格段に格好いいですから。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1688-1d56dc00

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫