上野村の味 「猪豚カレー」

 2016-11-16
以前にもこの「別館」で書いたように、今年のシルバーウィーク後半は、両親を連れて長野・軽井沢に旅行に行き、そして、その帰りがけに群馬県多野郡上野村に寄りました。

1985年の日航機墜落事故の慰霊碑や旧黒澤家住宅、スカイブリッジ、不二洞などを見た後に昼食時に立ち寄ったのが、「道の駅 上野」。
実際に昼食を食べたのは、そこと道を挟んだ反対側にある蕎麦屋、「十石そば 福寿庵」ですが、道の駅で特産品などを眺めていて、自分自身へのお土産に買ったのが、どうやら村のイチオシ商品であるらしい、「猪豚カレー」。
レトルトパックに入っていて賞味期限も長いので、半ば保存食扱いのようになっていて、これまでは食べずに置かれているままでした。
が、いつまでもそのままにしておくのもナンですし、そろそろ味を確かめておこうと思って、とりあえず1パック分だけ食べてみたという次第。

ここで、ご存知でない型の為に説明をしておきますが、「猪豚」とは猪と豚との間に生まれる交配雑種。
道の駅に掲げられていた商品紹介チラシにいわく、普通の豚肉と比べてタンパク質が1.2倍、鉄分・リン・ナトリウムは約1.2~5倍、脂質は約半分程度なのだそうです。
また、適度な脂肪としまりのある食感でさっぱりとした美味しさが人気だとのこと。

カレーという形で煮込まれてしまっていますし、そもそもレトルトパック入りの状態になったものなので食感云々は、今一つはっきりしませんが、肉の甘さは、感じられました。
この「猪豚カレー」、なかなかに美味しいものだったので、道の駅での人気No.1商品だというのも、納得です。

ジビエがブームだなんていう話もありますけれど、猪肉の野趣を持ちつつも臭みが少ないというのが、猪豚のいいところなのかと、そんなことを思いました。
皆さんも、上野村に行くことがあったならば、是非、お土産に買ってみてはいかがでしょうか。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1683-58aeb897

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫