難波弘之 鍵盤生活 40周年記念ライブ 「一生鍵命」

 2016-09-12
金子マリ&バックスバーニーのキーボーディストとしてデビューしてから、今年が40年のメモリアルイヤーとなる難波弘之。
そんな彼の、鍵盤生活40周年記念ライブ「一生鍵命」を聴きに、EX THEATER ROPPONGI に行ってきました。
その名前から一発で分かるように、今回のハコは六本木にあります。
その時はこの会場ではありませんが、六本木は過去に、他のミュージシャンのライブで行ったことが無いわけではありません。
しかし、やはり、全般的に私には馴染まない街です。
ちょっと早めに六本木に着いたので、適当にヒルズ辺りで軽食を取って時間を潰したのですが、あの街の雰囲気は、ヒルズしかり、六本木交差点辺りしかり、どうも今一つ居心地が悪いんですよね。

それはさておき、難波弘之のライブです。

「プログレの貴公子」という異名があるように、彼の奏でる楽曲の根っこはプログレッシブ・ロック。
今回のライブは、そんな彼が所属している様々なユニットの中で、一番ベーシックな SENSE OF WONDER をメインにして、多彩なゲストが出演するという趣向です。
レスポールでの泣きのギターが非常に印象的だったBurny日下部、難波弘之の愛娘である玲里、キングクリムゾンのファンを公言している俳優の「スターレス」高嶋政宏までの3人はポスターなどにも記載されていたゲスト。
4人目のシークレットゲストが超大物でした。
まぁ、難波弘之のこれまでの音楽活動、交友関係を考えれば想像はできていたのですが、実際にそうなってみると、これはやはり興奮しますね。
そう、山下達郎です。

これまでのゲストは自分のオリジナル曲(高嶋兄は、主にクリムゾンの曲でしたが)を演ったのに対し、達郎は、「自分の曲」より「自分がやりたい曲」をやる、と宣言。
このメンバーがバックを担当するのであれば、ブリティッシュ・ロックでしょう、ということで、ムーディー・ブルースの「サテンの夜」やプロコルハルムの「蒼い影」他の全6曲を気持ちよさそうに歌っていました。
もともとは5曲の予定だったのが、ナイスの「Hang On to a Dream」 を難波弘之がリクエストした為に6曲になったということですが、これは、キース・エマーソンへの追悼の意もあるのかな?
山下達郎の歌った中では、特に、ギターが Burny日下部 ならばということで選んでみたという「Still Got The Blues」が、個人的にはツボ。
まさか、山下達郎の歌うゲーリー・ムーアの名曲が聴けるとは!

午後6時に開演したライブは、途中で15分の休憩を挟みつつ続いて、アンコールまで全て終わってから、諸々済ませて会場を出たら、時間は午後11時直前くらいになっていました。
ということは、4時間半はライブをしていた計算ですね。
このメンバー、この内容の濃さで、この時間とは、チケット代6,500円(+ドリンク500円)が、いっそ安いくらいに感じられてしまう、それくらいの価値のあるライブでした。

その分、帰宅もかなり遅くなりましたけど……
終電が遅い路線に住んでいると、こういう時に、家に帰れるかどうかという心配をしなくて済むのがメリットですね。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1652-9f7b09b2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫