2018年秋に映像化?

 2016-09-04
小川一水が2002年から2003年にかけて発表したSF作品 『導きの星』 (角川春樹事務所 ハルキ文庫 全4巻) にアニメ化の話が出ているそうです。
作者自身の Twitter でその情報を知ったのですが、実際、非常に面白い作品で、私も気に入っている一作なのですけれども……
何故、今になってアニメ化の話が出たのかというところが、ちょっと不思議。

まぁ、企画を立てたプロデューサーなり監督なりが、小川一水ファンであり、『導きの星』 好きだというところなのでしょうけれど。
しかし、これは期待していいのか駄目なのか、まだ分かりませんね。
これからスタッフだったり発表形態だったりというようなことが少しずつ公表されていくのでしょうから、その辺りの情報を待たなければ、何とも言えません。

個人的な希望を言えば、作画や演出のクオリティーを高く保った劇場映画で全4部作、というようなことにしてほしいところですが、さすがにそれは難しい、だろうなぁ、やっぱり。

ともあれ、まずは朗報、と評していいであろうこの話、ポシャったりしないで、しっかりと実現してほしいものです。

http://www.kadokawaharuki.co.jp/michibiki/




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1648-d8807dbf

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫