ブエルタも始まります。

 2016-08-18
自転車ロードレースの年間スケジュールの中で、その期間の長さと規模の大きさで別格とされるのが3大ツール。
その最後の1つ、3週間21ステージをかけてスペインを一周するブエルタ・ア・エスパーニャが、今年も週末の20日から始まります。

今回のブエルタには、優勝候補として挑んだ7月のツールの序盤で落車し、その後、ダメージから回復できずにリタイアしてしまったティンコフのアルベルト・コンタドールがリベンジの意味も込めて出場。
それ以外にも、ツール覇者のチーム・スカイのクリス・フルームや、同2位のモヴィスターのナイロ・キンタナ等々、ビッグネームが出場します。
そのメンバーを眺めて、彼らがどんな勝負を繰り広げらてくれるかと考えるだけで、もの凄くわくわくしてしまう気持ちが抑えられません。

ちなみに日本人選手は、トレック・セガフレードの別府史之と、今年のリオオリンピックにも代表として出場をしていたランプレ・メリダの新城幸也という2名が出場。
今回がブエルタ初出場となる別府は、役回り的に3週間をアシストに徹することになりそうですが……
新城についてはチームエースのアシストもしながら、ステージによっては逃げも許される可能性が高いと思っています。
最近はグラン・ツールが開催されるごとに書いていますけれど、日本人初のグラン・ツールでのステージ優勝も、全く無い話では無い、と思いたいところですよね。

今年のブエルタは、下のコースマップにあるようにスペインの北部を中心としたステージ構成。
パッと見ただけで、「一周」とは少々言いにくいなぁという感じですが、山岳(山頂ゴール)主体の構成は例年通りで、タフな勝負になることは必至です。
そして、ゴールは今年も、これまた例年通りのマドリッド。

これから3週間、楽しませてもらいます。


公式サイトはこちらから
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1639-f0b9a800

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫