今期開始アニメ雑感 その1

 2016-07-11
2016年夏クールも、新番組の第1話放送が概ね一通り終わった、というところでしょうか。
そこで、いつものように、その中から私が観たものの感想を、視聴した順に、ごくざっくりと簡単に書いていこうと思います。

まぁ、現時点で一番楽しく観ているのは、実は『装甲騎兵ボトムズ』の再放送、だったりするのですが。


1) ラブライブ! サンシャイン!!

うーむ、色々と、無印とどこが違うのかと首をかしげるところの多い出だしでした。
その最大の原因は、やはりキャラデザインでしょうか。
無印時代の9人と、今回のこの「サンシャイン」の9名と、ちょっと色々と似過ぎていないかと思わずにはおれません。
これから先の第2話以降も観続けていけば、やはりこれは別作品かなと感じるようになるのかもしれませんけれど、とりあえず第1話の段階では、無印のコピー作品にすぎないようにしか見えなかったというのが、正直なところです。
とりあえず、今後に期待、としておきます。

2) はんだくん

これは、「ばらかもん」とは全くの別作品だと思うべきですね。
もともとの原作からして、そういう傾向はありましたけれど、アニメに関して言えば、作品の雰囲気の違いも如実に出ていて、さすがにこれを派生作品だと言うのには、ちょっとばかり無理を感じました。
まあ、「アニメのばらかもん」→「原作のばらかもん」→「原作のはんだくん」→「アニメのはんだくん」というルートを辿れば、繋がらなくもないのですけれど。
原作もちょっと微妙なところのある作品でしたが、そこはアニメになっても変わらず。
というわけで、第2話以降も観続けるかどうかは……

3) レガリア The Three Sacred Stars

ロボット物、と言って差し支えは無いでしょう。
色々と定番通りの第1話となっており、パターンにはまったストーリーが展開されていたので、これだけでは、何とも評しにくいところが多いですね。
世界観設定にしても、現状ではまだほとんど説明されていません。
第1話においては、とにかく視聴者の目を引き付けるような刺激的なシーンを盛り込んだうえで、情報的なことは敢えてその日はほとんど提示しないで、第2話以降にそれに関する説明を加えていく。
視聴を継続してもらう為という目的があってのことでしょうけれども、そういうやり方をする作品が増えていますよね。
それも1つの方法だと思うので、それはそれでいいのですが、問題は、ここから先の物語がどのような展開で、どういうことを描いていくのか。
何だか、そこも通り一遍で終わってしまいそうな予感もちょっとしないでもない第1話だったので、やや微妙な感はありますが、とりあえず、ロボット物という一点で、2話以降もしばらく観てみるつもりです。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1631-92b5acd6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫