梅雨と汗と通勤ラッシュ

 2016-06-21
梅雨入り宣言はしたものの、あまり雨が降らない日が続いています。
これでは水不足による夏場の取水制限だったり、野菜価格の高騰だったりということにならなければいいなと、それが心配にもなってくるのですが……
しかし雨がうっとうしいことや、通勤通学電車の中での濡れた傘が迷惑だということは疑いようのない事実でもあります。
結局のところは、ほどほどに降ってくれるのが一番いい、ということになるのですが、その「ほどほどに」というのって、一番難しいですよね。
降雨量、天気は、人の手や意思でどうこうできるものではないですし。

雨の少なさを気にしつつ、暑い日が来たら来たで、通勤ラッシュの電車内で傘と同じか、もしかしたらそれ以上に迷惑でうっとうしいものがあります。
それが、汗で張り付いたシャツ。
雨で濡れた傘は、それでもまだ、雨だから仕方が無い部分もあると思えば我慢できますが、汗のベタつきと臭いは、さすがに勘弁してほしいもの。
せめて、シャツを直に着るのではなく、その下にアンダーシャツの1枚も着ていてくれれば、状況は多少変わってくるのですけれど。
ちなみに、「己の欲せざるところを他人に施すことなかれ」ということで、私は、どんなに暑い日でも必ずワイシャツの下にはTシャツを着るようにしています。
猛暑日の日中なんかは、それが無い方が過ごしやすさという点では上かもしれませんけれど、自分1人だけで世界が成り立っているわけでも無いですし。

なお、ラッシュ電車内で苛つくものとしてはもう1つ、どれだけすし詰めの車内であってもわれ関せずにスマホを利用しているというのがあるのですが、それについて書き出すと長くなるので、今回はこれにて。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1625-5fbd8ad1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫