DANA WINNER 「LICHT EN LIEFDE」

 2016-08-05
新しい音楽(あるいはミュージシャン)との出会いというのは、まさしく「一期一会」というか、ちょっとしたタイミング、巡り合わせというところがありますよね。
私は実際かなり色々なミュージシャンの音楽を聴き、CDを持っていますけれど、それぞれ、その音楽を聴くことになったきっかけはまちまち。
過程がどうであれ、その人の音楽を私が気に入って、それで聴くことになったというのが全てなので、いつどこでどのようにして知ろうが知るまいが、それは大した問題ではありません。
ただ、マイナーなミュージシャンに関しては、遅くにファンになると、ちょっと問題が。
解散や引退をしていない場合でも、旧譜を揃えるのが(廃盤になっていたりして)困難なことがあるのです。

今回紹介する DANA WINNER は、日本ではその名をまず聞かないので、この入手困難なケースに該当するかと思われるかもしれません。
ですが、確かに彼女は日本ではマイナー……というより、まず知られていないレベルかもしれませんけれど、地元のベルギーのフランドル地域やオランダでは特に人気がある、ベテランのシンガーなので、邦盤は無くても、現地のCDを買うことはできます。
今は、Amazon その他、EUで発売されているCDも、日本にいながらにしてかなり簡単に手に入れることができるのが、嬉しいですね。

DANA WINNER がどんな音楽をやっているのかといえば、一言でいえばポップシンガー。
明るくテンポのいい曲もいいのですが、個人的には、バラードにグッと来るものが多いというのが私の印象です。
もちろん、その辺は個々人の好みなわけですが。

そもそもはベルギーにいる長姉のところに行った際に知ったミュージシャンで、その後、当時の最新アルバムと2枚組のベスト盤とを買っただけで、それから更に別のアルバムも買ってみるというようなことをしていない身で、偉そうに何を語るんだ、という話ですが……
改めて聴いてみると、やはり、これはなかなかのものですよ、実際。
彼女の出身地(ベルギー リンブルフ州ハッセルト)を考えれば、おそらくフラマン語だと思うのですが、歌詞カードを読んでも、オランダ語は習ったことが無いので、何を歌っているのかがさっぱり分からないのが残念。
曲調から考えれば、多分、ラブソングなのでしょうけれど。

アルバム『licht en liefde』のタイトル曲と「STIL DE STORM」の動画を最後に貼っておきますので、よければ御一聴ください。

 Licht En Liefde
 (2002/8/20)
 DANA WINNER
 商品詳細を見る






タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1610-027bc5f1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫