今期開始アニメ 雑感 その3

 2016-04-15
今期開始アニメの第1話を視聴しての感想、今回がその最終回です。
いつもは大体2回で終わっているのに、今回は3回に分けての掲載となったのは、今期の新作がいい感じだったから、なのかな……?
単にストレスがたまっていたから、あれこれと文章を書こうかな、という気になっただけかもしれませんけれど。
ともあれ、今期開始アニメ雑感の その3 、早速書いてみます。

1) キズナイーバー

作画も演出も、なかなかのクオリティーで力の入った第1話でした。
で、肝心の物語についてなのですけれど……これは、なかなか微妙なラインを攻めてきましたね。
面白い作品になるか、空回りをしたもので終わってしまうのか、それはこれからの各話の内容、演出など次第ということで、逆にそこが楽しみにもなってきるという側面も、ありますが。
ちなみに個人的には、この「キズナイーバー」は、結構いい感じの作品に化けるのではないか、と期待しています。
こういう、思春期の心理に大きくフォーカスした作品を、このスタッフがどう描くのか。
例えば幾原邦彦監督作品と比べて、どういう切り口を見せてくれるか。
なかなか楽しみです。

2) ふらいんぐうぃっち

日常系のアニメですよね。
原作は未読なのですが、淡々とした描写で、大きなことは特に何も起きない、なかなかいい感じにのんびりできる作品となってくれそうです。
こういうのはキャラの魅力が勝負の分かれ目になりがちですが、そこも及第点、かな。
これはキャラ、というのとはちょっと話が違いますけれども、終盤のマンドレイクが、いい味を出していました。
この手のユーモアセンス、かなり好きです。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1584-7234f855

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫