さだまさし 「夢供養」他

 2016-08-24
「好き」とか「嫌い」とかいうことを超越して、気が付くと、ふと口ずさんでしまっている、という歌があり、ミュージシャンがいます。
それは小さい頃から聴きなれているとか、魂のレベルで刻み込まれていると言うような存在であったり、好きすぎてあんまり聴き込み過ぎているが故に歌詞の一言一句まで完璧に暗記していたりと、そういうものなわけですが……

そんな中の1つが、皆さんもよくご存じの さだまさし。

おそらく「さだまさし」と言われて皆さんが想像するのは、例えば「精霊流し」であり、または「関白宣言」のようなコミカルな歌だったりするのでしょう。
数年前に話題になった「償い」のことを挙げる人も、いるかもしれません。
それ等も彼の音楽の主たるものの1つですから、これを以って さだまさし であるとするのも、あながち間違いではありません。
しかし、オリジナルアルバムを試しに幾つか聴いていただけば、実は さだまさし の音楽はそれだけではないということを、わかっていただけるはず。
最近は、さすがに年齢のこともあってか、かなりまったりとしてしまっている部分もありますが、若い頃のアルバム等には、かなりアグレッシブな曲や、激しい曲だってあるのです。

そんな さだまさし の、私の所有しているCDから、これを聴いてもらいたい、これを聴けば、さだまさし に対する印象が、さらに広がるのではないか、と思われる曲を選んでみました。
とはいえ、これも、私の趣味のタイプに偏ったセレクトにすぎないのであって、さだまさし の音楽世界はこれだけでもないのですが、まぁ、そこはそれ、このブログを観てくれた人の、さだまさし のイメージが膨らむことがとりあえずの私の目的なので、それがかなえば、それで私としては満足です。
これでも、かなり厳選したつもりなのですが、いかがでしょうか。

なお、動画が無かったものは、今回はどんなに好きな曲だとしても、泣く泣くカットしているので、私が さだまさし のどういう曲、どういうアルバムが好きかは、よかったら、「本館」の「聴く」コーナー、さだまさし の項をご覧いただければと思います。

選んだ動画は、アルバムに収録されている音源のものではなくて、むしろライブ音源だけになっていますけれど、どれも、実に素晴らしい演奏になっていますから、自信を持ってお勧めできます。
最後の「デイジー」は、長らくシングルのB面のみに収録されていた楽曲で、かなり経ってからアルバムに収録された際にもアレンジが大きく変わっていた、そのシングルバージョンになります。
私としては、このシングル版の方がグッときて好きであり、今は企画アルバム『Only Singles』で聴くこともできるので、こちらを選ばせてもらいました。

なお、下記オリジナルアルバムのリンクはどれも、プライス・ダウン リイシュー盤のものとなっています。
個人的には、もともとのオリジナルジャケットの方が好きなので、なんでわざわざジャケットを変更しなければならなかったのか、そこが全然納得行きませんが、まぁ、それは余談。

 夢供養
 プライス・ダウン リイシュー盤

 (2004/6/30)
 さだ まさし
 商品詳細を見る



 家族の肖像
 プライス・ダウン リイシュー盤

 (2004/6/30)
 さだ まさし
 商品詳細を見る



 逢ひみての
 プライス・ダウン リイシュー盤

 (2004/6/30)
 さだ まさし
 商品詳細を見る



 Only Singles
 (2006/1/11)
 さだ まさし
 商品詳細を見る



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1575-5cf5c40c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫