ツアー・ダウンアンダー2016 の勝者はゲランス

 2016-03-01
ネット経由のオンデマンド放送を除けば、J-Sportsにおける今期の自転車ロードレースプログラム第1弾となったツアー・ダウンアンダーのダイジェスト放送が、先週金曜日夜にその全日程を終了しました。

今年の総合勝者となったのは、地元チームのオーストラリア人選手サイモン・ゲランス。
これで彼は、この大会4度目の総合優勝です。
今年はステージ勝利も2つ獲っていますから、これは誰からも文句の出ない完璧な勝利だと言ってしまってもいいのではないでしょうか。

オリカ・グリーンエッジはチームとしても、21歳の若手スプリンターであるカレイブ・ユアンが、こちらもステージ2勝を挙げています。
地元でこれだけの結果を残したということで、チームもシーズン序盤は最高の滑り出しですね。

なお、今回大会の第3ステージで落車による機材トラブルに見舞われたディメンションデータのタイラー・ファラーに対し、観客から自転車やシューズの提供が行われてゴールする、というアクシデントが起きました。
厳密にルールを摘要すればこれは失格なのですが、コミッショナーの下した結論はノーペナルティー。
自転車ロードレースというのは、昔からそういうものだったよ、ということで、粋な判断だったと思います。

確かに、禁止薬剤によるドーピング、モーターをフレームに仕込んでのメカニカルドーピング等、ダーティーな話題もなかなか無くならない自転車ロードレース界ではあるのですが……
こういうのがあるから、私はこの競技が好きなんですよね。


公式サイトはこちらから

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1561-5ba3fca5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫