今期開始アニメ雑感 その1

 2016-01-14
2016年冬クールの放送も始まりましたので、いつものように第1話を観ての感想を簡単に書いてみます。

1) ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~

原作小説は以前に個人的な「青春ミステリー」ブームがあった際に読んで以来のお気に入り作品の1つなのですが、アニメ化に際しては圧倒的な不安が先立ちました。
そのほとんどは、キャラデザインから来るもの。
これはこれで最近のアニメにおけるキャラデザとしてはアリだとは思いますが、「ハルチカ」シリーズに合っているかと言われると、微妙を通り越して、これはちょっと無いかなぁというレベル。
実際の放送を観ても、その違和感は拭い切れなかったというのが正直なところです。
非常に丁寧に作られていましたし、作画などには不満は無いのですが……

2) アクティヴレイド -機動強襲室第八係-

うーん……ちょっと上滑りしている感があるかな。
第1話は敢えて明快にシンプルな話を作ったという可能性もあるので、これから話にどれくらい奥行きを出せるかがカギとなりそうな気がします。
放送時間も深夜ですし、ただ単に小さい子供層を狙った明朗快活なアクションヒーローものを目指しているというだけでもないのでしょうから、プラスアルファで何を出せるのか、ということですね。
もちろん、とことん今回の路線を追求していくという選択肢もあるでしょうし、それならそれで、どこまでそれをやりきるのか、というのを確認する楽しみもある、のかな?
いずれにせよ、作品として目指すものがどこなのか、それ次第で視聴を継続するかどうかが決まりそうです。

3) 僕だけがいない街

原作の評判が高いのは承知していて、いつかどこかで読まなければいけないかなぁと何となく思っていたところでしたから、今回のアニメ化はそういう意味では渡りに船でした。
原作は連載中ですし、ほぼ確実に1クールで物語が完結するわけが無いというのは分かっていますが、原作を買ってみる価値があるかどうかの判断材料として、今回のアニメを活用しようと思った次第。
で、実際に第1話を視聴してみてなのですが、事前に想像していたよりも、抑制された語り口の作品になっているな、というのが最初に感じたことです。
ただ単に過去に戻って歴史を改編してハッピーエンド、というような物語では無さそうで、これは面白くなりそうな予感が強くしてきます。
なる程、原作に人気があるわけだ。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1539-f2a1b98a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫