横須賀海軍カレー

 2016-01-06
そういえばここに書き忘れていましたが、昨年末に親兄弟と一緒に横須賀に遊びに行きました。

「横須賀」といえば何を思い浮かべるか。
「スカジャン」だったり「ネイビーバーガー」だったり「三笠」だったりするでしょうが、子供も含むメンバーで行くとなれば、昼食はもちろん「海軍カレー」ですよね。
もちろんこの日の主目的は他にちゃんとあって、別にカレーを食べに横須賀に行ったわけではありません。
横須賀海軍カレーを食べるのは今回が初めてでしたので、どうせならメジャーな店に行こうかと、京浜急行の横須賀中央駅前にある店舗、横須賀海軍カレー本舗に開店時間の11時ちょっと前に到着。
既にある程度の行列ができていた辺り、なかなかの人気店っぷりでした。

1階が土産物屋で2階が食堂という構造の横須賀海軍カレー本舗。
食堂の内装も凝っていていい感じです。
で、その際に、メンバーそれぞれが注文したものの一部が、下に貼った4種類のカレーになります。

どうやら、「艦隊コレクション」とのコラボレーションなどもしているようですね。
左下の「海軍カレー スペシャル」以外は、実存した旧日本軍の艦船をイメージして盛り付けその他が決められたようでした。
「陸奥」はオニオンリングとソーセージで戦艦の艦橋を、「天竜」は同型艦の「龍田」が起源とも言われている竜田揚げをトッピング、「島風」は実艦に装備されていた15発の魚雷に見立てた15本のソーセージがライスの上にズラリと並ぶというインパクトの大きな盛り付けです。
味は、メニューによってビーフだったり、ポークだったり、コーヒーが隠し味になった黒カレーだったりしますが、基本的にはオーソドックスな日本風カレー。
まぁ、もともと旧日本海軍が脚気防止などの為に兵食に取り入れたのが、日本におけるカレー食の原点という話もありますしね。
発祥の地のカレーライスであれば、そりゃあベーシックになろうというものです。

ちなみに、この日はお互いに味の違うカレーを分け合ったりして食べたので、色々な味を楽しめました。
大人数で行くことのメリットは、こういうところにありますね。
なんだかんだ言っても、やっぱりカレーは私達のソウルフードの1つだよなあと、そんなことを考えた昼食となりました。

ちなみにこの時、厨房で誤って1皿多く作ってしまったのでサービス品としてどうぞ、として「島風」が追加で卓上に載ってきたのですが……
他のメンバーが皆それぞれのカレーでほぼ満腹になっている感じだったので、結局、既に「海軍カレースペシャル」を完食していた私が、そのほとんどを食べることに。
いや、美味しかったですよ。
美味しかったんですけれど、本来、ダイエットを考えて少し軽めにメニューを選んでいたのに、結局、ガッツリとカレーまみれになってしまったという。





タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1536-2b8d9539

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫