ミュージシャン生活45周年記念ライブ

 2015-12-22
現在活動休止中のムーンライダーズのフロントマン、鈴木慶一は、今年が音楽生活45周年。
その45周年を記念したライブが豪華ゲストと共に行われるというアナウンスを見て、ネットで申し込んだチケット抽選に当たったのは、間違いなく非常に嬉しい事だと言えます。
正直、財布的にも日程的にもちょっと厳しい状況で、これに行くか行かないかちょっと迷いました。
でも、何といっても鈴木慶一のメモリアルライブであってゲストも非常に豪華になることが分かっていますし、彼の年齢的にもいつまでライブをやってくれるか分からないので、これは行くしかないだろう、と。

ちなみに会場はメルパルクホール。
都営地下鉄三田線の芝公園駅が最寄で、同浅草線と大江戸線の大門駅もしくはJRの浜松町駅からも徒歩で行くことができます。
私は、このうちの最後の方法で行きましたけれども、これが一番遠いとはいえ、そんなに長距離を歩くこともなく、無事に会場までたどり着くことができました。

ちなみに、今回の出演ミュージシャン(ゲスト含む)が、一体どんな面々なのかということを以下に貼ってみると……



鈴木慶一
駒沢裕城/本多信介/渡辺 勝/和田博己/橿渕太久磨(はちみつぱい)
高橋幸宏、ゴンドウトモヒコ
岡田徹/白井良明/鈴木博文/武川雅寛(ムーンライダーズ)
あだち麗三郎/岩崎なおみ/佐藤優介/トクマルシューゴ/ダスティン・ウォング(鈴木慶一with マージナル・タウン・クライヤーズ)
田中宏和
近藤研二/矢部浩志/岩崎なおみ/konore (Controversial Spark)
斉藤アリーナ/上野洋子/湯浅佳代子
PANTA、斉藤哲夫
ケラ



ライブの構成は、鈴木慶一が最近になってやっているバンドから、段々と過去にさかのぼって行くというのを基本にしているようです。
具体的には、Controversial Spark で開演、最新アルバムからのソロ楽曲をして、高橋幸宏とのユニット The BEATNIKS 、スポットヘストの齊藤哲夫、ムーンライダーズ、再びスポットゲストのPANTA、はちみつぱい、という流れ。
そんな中、途中休憩をはさんでの第2部、ムーンライダーズのステージでは、(上の出演者リストでは太字で強調しておきましたが)今年6月に 急性大動脈解離 で手術を受けた武川雅寛が、今回のライブで復帰。
会場中からの拍手と歓声で迎え入れられました。

なお、先日の King Crimson 同様に、今回もライブの途中で写真撮影OKな時間が設定されました。
下が、その際に撮影した、ムーンライダーズ と はちみつぱい の面々。
両者に共通するメンバーもいるのでそこは被っていますし、ドラマーの かしぶち哲郎 は2013年12月に亡くなってしまっているので、ムーンライダーズのドラムは 矢部浩志(と、スペシャルゲストで高橋幸宏)が、はちみつぱい のドラムは かしぶち哲郎 の息子である 橿渕太久磨 が叩いています。

アンコールで演奏された、ゲーム「MOTHER」の「EIGHT MERODIES」も良かったし、これはいいライブでした。




 謀らずも朝夕45年
 (2015/11/25)
 鈴木 慶一 他
 商品詳細を見る

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1529-a911d70f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫