現場の、今

 2015-12-13

予算と技術上の問題から、当初案の白紙撤回など、色々あった新国立競技場。
ネットのニュースで見たのですが、その新国立競技場に着き、出直しコンペに応募された新たな「技術提案書」が、日本スポーツ振興センターのホームページ上で明日14日(月)の午後2時から公開されるそうですね。

なお、最終的な計画案の決定は、関係閣僚会議を経て年内に選考結果が正式発表される予定です。
それに先んじてコンペ応募作を公開しようというこれには、正式なプラン決定までの間に、競技場を利用するスポーツ選手や一般国民からも広く意見を募ることで、計画案の選考過程に透明性を高めようという意図もあるようです。
なお、公開されるプランの応募業者がどこの会社であるか等の情報は、今回のこの段階では明らかになりません。
変に先入観などを持たれないように、ということを考えれば、これは当然ですね。
色々と憶測や邪推を呼んだ旧案でしたから、今回はよりクリアーで予算的にも技術的にも無理のないものが選ばれてほしいところです。

なお、現時点での国立競技場の跡地がどんな様子になっているか、というのが下の写真。
ちょうど昨日の12日に、神宮前にあるお客様のところでクリスマスセールが行われるのに顔を出す用事がありましたので、ちょっと足を延ばしてきました。
かつて国立競技場の青山門があった辺りから、工事フェンスごしに東京体育館と新宿方向を撮影してみたものになります。
何だかもう、このまま公園としてしまってもいいようにも感じられてしまう風景ですね。

来年1月には開始したいとされている工事がオリンピック本番に間に合うかということも含め、まだまだ不安材料の多い新国立競技場建設。
「誰もが納得」とは行かないでしょうけれども、できるだけ皆に愛され歓迎されるような新たな施設ができあがることを、願っています。


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1528-066b0e24

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫