ジャパンカップ 2015

 2015-10-25
先週にトレックファクトリーの別府史之が優勝したことをお伝えした、宇都宮大通りでのジャパンカップクリテリム。
その翌日の10月18日に、宇都宮森林公園において開催されたジャパンカップ本レースが、先ほどまで J-Sports で録画放送されていました。
河川氾濫による大被害も記憶に新しい9月の豪雨の影響により、今年は例年設定されているコースの 1/3 程が使えずに、その部分をパスする形で、その代わりに周回集を増やして結果的に難易度が増したコースになりました。
レースを観戦する私のような側からすれば、戦いが激しくて面白いレースは大歓迎ですが、選手にとってみればこれは厳しいでしょうね。

そんな事前予想通りの勝負が繰り広げられた今年のジャパンカップを制することになったのは、最終盤の古賀志林道でアタックをかけた中からゴール前の最終スプリントで頭をとった、トレックファクトリーのバウク・モレマ。
このスプリントには日本選抜チームとして出場した新城幸也も絡んでいたのですけれども、どうやらスローパンクを抱えている状態でスプリントに突入したという事情もあったようで、結局3位でレースを終えることになったのは、ちょっと残念なことではありました。
ですが、3位という成績は立派なものです。

トレックファクトリーは前日のクリテリウムに続き、ジャパンカップで2つの勝利を手にしたわけで、大成功の大会だったと言っていいでしょう。




<ジャパンカップの公式サイトはこちらから>

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1505-45c86668

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫