2015年10月開始アニメ 雑感 その2

 2015-10-14
今期開始アニメの雑感、その第2弾です。

1) 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

出だしの空気感は、OK。
植民惑星の独立戦争ものになるのかな、ということで、決して新鮮味のある物語構造ではありませんけれども、見せ方によってはかなり面白くなるのではないかと。
この感じでこのキャラデザ、というのには違和感を覚えてしまっているのですが、これは、数話が経てば、そのうち慣れてくる、のでしょうね、きっと。
ガンダムというだけで、あまりにもつまらないモノでない限りは観続けることが確定済なのですけれど、どうせなら面白い作品の方がいいというのは言うまでもないこと。
題材的に、エグい描写をしようと思えばいくらでもできるでしょうし、そこに遠慮をしないでやってくれると、嬉しいかなぁ。

2) コメット・ルシファー

オリジナル作品というだけで応援したくなる気持ちはあるのですが、問題は内容です。
演出には疑問を感じるところが無いではありませんでしたが、そういう意味では、出だしはとりあえずボーイ・ミーツ・ガールものとして普通にできあがっていたかな、というところ。
ただし、あまりにも良くあるネタを良くある感じでオーソドックスに作っているだけに、それだけではありきたりなものになってしまいます。
それはそれで悪いわけではありませんが、しかし、やはり観ているこちらとしては、本作「ならでは」のものがほしいわけです。
その答えをどう出してくるのか、とりあえず、展開次第では好きなタイプのネタ、好きなタイプの作品になりそうな期待はあるので、まぁ、当面はお手並み拝見というところです。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1496-39e37827

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫