谷山浩子 猫森集会2015

 2015-09-27
某国家に備える為に気持ちだけでもせめてストイックになっておこうということで、今年になったくらいから基本的にライブ断ちをしてきていた私ですが、その試験もひとまず終わった以上は、いつまでも制限を続けている理由はありません。
そんなわけで、昨日26日の土曜日に、ライブ解禁第一弾、行ってきました。
まぁ、「ライブ」というよりも、今回のは「コンサート」と呼ぶべきものではあるのですが。
具体的には、新宿にある全労済ホールで一週間にわたって行われている「谷山浩子・猫森集会2015」の、6日目です。
4つあるプログラム内容のうちのCプログラムで、小室等がゲストでした。

彼女の歌は小学生の頃からずっと聴いていますけれど、それを生で味わうのは実は今回が初めて。
デビュー40周年記念で昨年にリリースしたライブ盤が実に素晴らしい内容となっていましたし、是非一度行ってみたいと思っていたので、今回試しにとチケットを購入してみたのです。
いわゆるニューミュージックの世界では非常に有名なシンガーソングライターである谷山浩子ではありますけれども、同年代でいえば例えば 中島みゆき 辺りと比べると、知名度の点ではどうしても今一つ劣るかもしれません。
しかし、音楽の内容という点ではどちらもそれぞれ、ワンアンドオンリーと言うことのできる独特の世界観を作り出していてキャリアもありますし、非常にクオリティーの高いものをやっていると思います。

今回は全席指定で6列1番というチケットだったので、端っことはあまりいい場所では無いなと思っていました。
しかしホールの中央に設置したステージを四方から座席が囲むセットということもあり、また、そもそもハコ自体が小さいものだったので、感覚的には結構すぐそばで演奏されているのを楽しめたという印象が残っています。
当初想定していたよりも、距離感が近かったのは、かなり嬉しかった。
セットがどういったものだったかについて、この説明ではいまひとつイメージが湧かない人は、大相撲の国技館の映像を思い描いてみてください。
あれをもっとずっとコンパクトにした感じです。

小室等の曲やアンコールも含めて全17曲、時間にするとおよそ2時間半のコンサートは、MCもたっぷりの充実したものでした。
参考までに当日演奏された曲のセットリストの画像を、貼っておきます。
クリックすれば別画面で拡大表示されるので、何を演ったのか気になる方はご覧ください。
個人的には、「よその子」と「神様」を生で聴けたのが嬉しかったなぁ。



ただ、少々アレだったのは、小室等がMCのトークで国会批判、安保法制批判を(ソフトな口調ながら)結構強めに言っていたこと。
いや、主張している内容は、まぁ、分からないでもないんですよ。
フォークシンガーというのは、もともとそういう政治的な主張を歌に込めたりしていくものですし、これは言っておきたいという気持ちもあったんでしょう。
でも、ニューミュージックのコンサート、それもゲストで来ているところでそういう話題を出されても……谷山浩子サイドから切り出したんならともかくとして。
ちょっと興醒めだったかな。
……と、書くと、一部の人に非難されたりなじられたりするんでしょうけれど、でも、それが私の偽らざる感想。
そこがいかにも残念でした。
別のゲストが来るプログラムのチケットを買えばよかったかな、とちょっと思ってしまったくらい。

 デビュー40周年
 記念コンサート
 at 東京国際フォーラム
 (CD3枚組+DVD)
 (初回生産限定)

 (2014/09/10)
 谷山 浩子
 商品詳細を見る

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1489-1bf48bee

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫