「スプラッシュ!」

 2015-09-17
「本館」更新前の読了本紹介、今回は、競艇・ボートレースの世界を舞台にした青春小説である美奈川護の『スプラッシュ!』を選びました。

ボートレースが題材の青春エンターテインメントといえば、TVアニメにもなった河合克敏の『モンキーターン』(小学館 小学館マンガ文庫 全18巻)が既にありますよね。
実際、あれっはいい作品でしたし、その面白さは燦然と輝いています
なので、それに対して美奈川護がどのようなアプローチからボートレースを描くのか、それを確かめてやろうというのが、本作を読むにあたっての私のスタンスでした。

その答えがどのようなものだったかをここで書いてしまうと、さすがにネタバレで興醒めでしょう。
ただ、こういう切り口できたか、となかなか楽しませてもらった面白い作品だったということは、言っておきます。

ところで、本作の主人公の苗字の「渡来」というのは、もしや『モンキーターン』と『週刊少年サンデー』での連載時期が重なる ゆうきまさみ の『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』から採っていたりするのでしょうか……
あちらは「わたらい」は「わたらい」でも、漢字が「渡会」ですけれど。

とりあえず、本作を呼んで一番記憶に強く刻まれたのが、「持ちペラ制」って終わっていたんだ、ということだった辺り、『モンキーターン』の影を払拭するまでには至らなかった、のかな?

 スプラッシュ!
 (2014/11/21)
 美奈川 護
 商品詳細を見る


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1481-657b455a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫