2015年7月開始アニメ雑感

 2015-07-09
終わる番組があれば、始まる番組がある。
ということで、今回はこの7月に放送を開始した2015年夏シーズンのアニメについて、特に私の事前期待値の高かった2作品をピックアップして第1話の感想を書いてみます。

1) うしおととら

今回、一番期待しつつ一番不安だった作品。
第1話の出来栄えは、既にネットのあちこちで好評な感想が出ているのでご存じの人もいるでしょうが、もう、全く問題なし。
MXの竜巻注意報の速報テロップが邪魔だったことクラシカ、不満はありませんでした。
このクオリティーを維持できるかということと、全3クール39話で、どこまでしっかりと物語を語ってくれるかが、今後の問題点であり、注目したいところであり、かつ、心配でしょうがないところでもあります。
原作は本当に面白いですし、しっかり作ってくれさえすれば、いいアニメになるのは、間違いないと思います。
本筋からは外れるようなエピソードでも、最高に面白いものが多いので、どうしたって、「アレがない」「コレがない」ということには、なるでしょうけれど。

2) 乱歩奇譚 Game of Laplace

「うしとら」の次くらいに期待していたのが、これ。
なかなかいい味わいのある、面白くなりそうな作品になっていたのではないでしょうか。
「乱歩」というよりは、「PSYCHO-PASS サイコパス」第1期の前半に、「UN-GO」や「ペルソナ」を足してこねくり回したという印象を得ました。
最後までちょっとしたエグさは失わず走れればいいなと思いますし、なんなら、もうちょっと毒っ気を含ませてもいいかもしれません。
キャラクター設計にせよストーリーテリングにせよ、やり過ぎは基本的に避けるべきなことですが、こういう作品なら、やり過ぎるくらいやるのも、それはそれで決行面白いことになりそうな気も。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1461-6d57328e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫