「攻殻機動隊 新劇場版」

 2015-07-01
当初は観に行くつもりは無かったのですが、TV放送された 『攻殻機動隊 ARISE』 が意外と面白かったので、近くの映画館で勉強生活の気分転換がてらに、最寄りの上映館で 『攻殻機動隊 新劇場版』 を観てきました。
正直、いつまで 『攻殻』 で商売し続けるつもりなのかという気持ちは今でもあるのですけれど……
まぁ、完成した作品が良いものになっていれば、それはそれかな、と。

攻殻機動隊という世界観を使って物語を、となった時には、どうしてもそういう傾向が出てくるのかなということは理解できますが、今までのどの作品も、基本的に臭いが似通ったものになっているという印象があります。
それでも、各作品それぞれにそれぞれのテーマを掲げて、個性を主張している中で、今回のシリーズは冲方丁が参加しましたよね。
彼が脚本で近未来を舞台にしたハードなストーリーのSFというと、『PSYCHO-PASS サイコパス2』 を思い出すところですが、あちらが視聴者に対して比較的親切で分かりやすい語り口になっていたのに対し、こちらはそれとは対極的。
状況や背後関係を理解する為のパーツは、きちんとそこかしこに散りばめられているのですが、それらを直接的に説明したり、体系立てたりするセリフやシーンはありません。
あくまで、そこは観客が自身で整理して理解しなさい、ということで、こういう作品で噛んで含めるような説明パートがあるのも興ざめですから、これはこれで大正解だと思います。
ただし、そのせいで、何がどうなっているのかを理解できない、という観客がそれなりの数、出ることになるだろうなということが容易に想像もできるのですが。
私はというと……初見で主だったところは理解できた、と思います。
2回目、3回目と観れば、さらに細かいところで色々と気が付くところもあるでしょうが、では 『ARISE』 も含めて Blu-ray を買ったりするかと問われると、うーん、そこまでするかどうかは、分かりません。

そんな感じではありますが、当初予想していたよりもずっと面白かったですし、結構高めの点数を付けられる作品でした。
万人向けとは言いませんし、この新劇場版を観る前に、『ARISE』 を全エピソード観ておかなければワケが分からない部分も多いので、あまり広くお薦めはしませんけれど。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1454-6d932440

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫