父と共に大山詣で

 2015-05-02
GWの初日である先週29日に、父に誘われて丹沢に行ってきました。
これは昨年秋に両親を連れて御岳山に行った時に、父が来年春辺りに久し振りに山に登りたいと言いだしていたのを受けてのことです。
その時点から、そういうことならば最初に登るのは、初心者でも行きやすくてある程度手応えもある、丹沢の大山がいいのではないか、というような話になっていました。
実は同じく昨秋に、今回の下見も兼ねて大山の中腹にある阿夫利神社の下社まで、紅葉見物がてら行ってみていたりもします。

さて、いざ本番となった今回の大山登山ですが……
久々の登山で無理は禁物なので、阿夫利神社下社までは小田急の伊勢原駅からバスとケーブルカーを利用、そこから一番オーソドックスに本坂を登って山頂へ向かいました。
そうして昼前に着いた山頂付近が霧に包まれていていわゆる「ガスがかかっている」状態であり、「神奈川の景勝50選」にも選ばれている景色を楽しむことはできなかったのですけれども、まぁ、それはそれ。
下りは見晴台経由で、現在本堂が修繕工事中の日向薬師に出て、そこからバスで伊勢原駅に戻るというルートでした。
ちょうど見晴台辺りまで下りてきた頃に山頂のガスが晴れて日差しが当たっていたのが、ちょっと悔しかったり残念だったりはしたものの、久し振りの登山は、いい汗もかきましたし、なかなか気分のいいものでした。

今回のルートに関してもうちょっと詳しく説明を見たいという方には、例えばこのサイト辺りが写真も多くて、いいかもしれません。
ルート図は、ヤマレコに投稿されているこの方のものが、ほぼそのままという感じで、近いですね。
前述のように、今回の私たちは大山ケーブル下のバス停から、女坂を歩いて登るということはせずに、ケーブルカーを利用しているので、そこが違いますが。

さて、今回の登山がなかなか良かったということになれば、当然、これからもあちこち登ってみたいと、そんな気分にもなってきます。
ですが、今日の足の疲れ具合などから考えれば、やはりここはもっと鍛えていく必要もありそうです。
とりあえずは、今回の大山くらいの難易度の登山を、足がまるで平気になるまで、何回か行う必要があるでしょうね。

まあ、どうしたって8月の某試験が終わらなければ、そのトレーニングにも取り組めるわけも無いので、次の登山は早くて9月以降になると思いますが。

2015年GW_大山山頂

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1425-c05fa7f7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫