クウィアトコウスキー!

 2015-04-21
北のクラシック3連戦が終わった後は、アルデンヌ・クラシックというのが例年の流れ。
今年も、その第1戦であるアムステル・ゴールドレースが19日の日曜日に開催され、J-Sports が生中継をしてくれました。

オランダのマーストリヒト周辺で行われるこのレースのコース図は下の通り。
幾つものカーブとアップダウンを繰り返す、パッと見た以上にタフなコースとなっており、歴史は比較的短めながらもステイタスの高いビッグレースとして知られているこの大会。
今年は、20名ほどの集団が最後まで残り、そのまま最後のカウベルグの登りに突入するという展開になりました。

ここで、BMCレーシングのフィリップ・ジルベールがまず最初にアタックをしたのですけれど、これは登り切った辺りで吸収されてしまいます。
その後、ゴール前で繰り広げられた最終のスプリント合戦を制したのは、エティックス・クイックステップのポーランド人、現世界チャンピオンのミカル・クウィアトコウスキーでした。

まだ24歳の若手であるクウィアトコウスキーはエースナンバーを背負ってこのレースに出走。
今年はここまで絶好調といってよく、そんな彼がここで手にしたこの勝利は、春のクラシックに今一つ結果を残せていないチームにとっても救いの1勝となりました。


<公式サイトはこちらから>
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1420-a8b49705

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫