「人類は衰退しました 平常運転」

 2015-04-06
本編完結後のお楽しみ短編集である、田中ロミオの『人類は衰退しました 平常運転』。
今回、「本館」更新に先がける読了本紹介に選んだ本作には、長短合わせて全14編の短編が収録されています。
内訳は、これの発売に合わせて書き下ろされた短編が5編と、過去に販売促進用のものとして書かれたショートストーリーが3編、そして、アニメ版 Blu-ray/DVD の特典用に書かれたものが6編です。

このシリーズ、本編である文庫9冊の後半辺りは、物語としての盛り上がりと引き換えに、どうしてもシリアス要素が増え気味でした。
その為、本来の持ち味でもあった飄々とした脱力テイストがやや薄れてしまいがちだったのですけれども、ここでは、その(良い意味での)グダグダ感をたっぷりと堪能することができます。

基本が短編集ですので、それぞれがネタ一発で書かれているというのもシンプルでいい感じ。
書き下ろしの作品は、本編終了後の世界が前提であり、その後の彼女たちがどうしているのかが分かるようにもなっているのも、ファンサービスとして嬉しいところ。

作者は今後、新シリーズの執筆に移行するということなのですけれど、あとがきには、機会があればまた、このシリーズの短編集を出したい、というようなことも書かれていました。
もし本当にそうなれば、それは、ちょっと楽しみかも。

人類は衰退しました
平常運転
(ガガガ文庫)

(2014/12/18)
田中 ロミオ
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1411-763d9ce6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫