「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 特別編

 2015-03-02
今回、「本館」更新前の読了本に選んだのは、安彦良和が『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』本編の連載とは別に描いていたスピンオフ外伝。

それを4作集めた第24巻(特別編)が、本編の最終巻が出てから4年という時間が経過したタイミングで発売となりました。
もちろん、本作の一部をアニメ化した『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル』の上映が始まる時期であったことと無関係ではありません。

ファーストガンダム、そして『THE ORIGIN』の第1話、サイド7にシャア率いるザクの部隊が侵入する直前を描いた「その前夜」。
スペースノイドの独立運動の最初期を学生運動に絡めて描いた「キャスバル0057」。
1年戦争終了後のセイラ(と、カイ)を描いた「アルテイシア0083」。
そしてアムロとハヤト、フラウのその後を描いた「アムロ0082」というのが、このコミックス収録作のラインナップ。

それぞれ、モノによってはお遊び、冗談要素も盛り込みつつ、なる程、こんなこともあったのだろうなぁと思わせるエピソードとなっています。

なお、この「冗談要素」に関しては、話によってはかなり暴走気味にもなっているものもあるので、自分は真面目な話を求めているのだ、という人は、この特別編には手を出さない方がいいでしょう。
私も正直、悪ノリだなぁと呆れた部分が無くもありませんでしたし。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (24) 特別編 (角川コミックス・エース 80-39)機動戦士ガンダム THE ORIGIN
第24巻 特別編
(角川コミックス・エース 80-39)

(2015/02/25)
安彦 良和
商品詳細を見る

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1393-2c56968d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫