「鉄楽レトラ」第6巻

 2015-02-15
全6巻で完結した佐原ミズの『鉄楽レトラ』が、今回、「本館」更新前の読了本紹介として選んだ作品。

コンプレックスの塊で自分に自信を持てないでいた主人公が、とある少女に出会ったことをきっかけにフラメンコに興味を覚え、友人を得たことで前を向いて歩きだす物語です。
前巻を読んだ段階では、まだもうちょっと続くんだろうなとも思っていたのですけれど、実際には今回の第6巻が最終巻となりました。

となると、もしや打ち切りではないかということが心配にもなるのですが、そこは大丈夫。
本作は、収まるところに収まるべきものが収まるべく収まった、きっちりとした完結を迎えています。
作者の後書きからも、これが予定通りに描き切ってのエンドマークであることが見て取れ、実際、内容的にも、ああ、これは完璧だ、と感じられるような作品になったので、安心しました。

主人公が、自分がその道を行くことにあるきっかけとなった出会いの相手と再び言葉を交わす、それを以って物語の最終局面とする。
それは大いに納得できる終わり方です。

実際のところ、欲を言うならば、この2人のこれから先も見てみたいという気もします。
しかし、それは読者である私達1人1人がそれぞれの胸の内で想像すればいいことでありましょう。

ちょっと地味ですけれども、非常に良い作品でした。

これまで本作に接点が無かった人も、今回の完結を機に、是非、一気読みしていただきたい、そんな風に思っています。
お薦め。

鉄楽レトラ 6
(ゲッサン少年サンデー
 コミックススペシャル)

(2015/02/12)
佐原 ミズ
商品詳細を見る

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1388-a63374ba

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫