「クズと金貨のクオリディア」

 2015-02-23
『変態王子と笑わない猫』の さがら総 と、『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』の渡航の2人が、主役となる高校生の男女それぞれのモノローグを交互に記述して行くという形式での合作作品、『クズと金貨のクオリディア』が、今回の「本館」更新前の読了本紹介。

この作品ですが、事前に打ち合わせを緊密に行ってかっちりと組み上げてから書かれた作品というより、2人の作家がお互いをいかに出し抜くか、いかに相手の意表を突くかというようなことに注力しているような、そんな作品と言っていいような感じになっていてました。
特に、主役の2名がどちらも(別の方向で)どうしようもない性格の持ち主であるところが、ロクでもなくて、いいですね。
これは、2人の主人公、そして2人の作者、それぞれの個性のせめぎ合いの部分を楽しむべきものであって、それ以外は2の次と考えるべきものですね。

もちろん、ストーリーが無いわけではありません。
本作にも一定の物語、謎とその解決的なものはあるのですけれども、そこのところは練り込み不足というか、ラストが唐突だとか、生徒会長の一件は結局どうなるのか等の突っ込みどころも満載なので、あんまり真剣に考えてはいけないんだろうな、という感じ。

企画として楽しめましたし、それぞれの書き手の個性も出ていて、なかなか面白かったです。

クズと金貨のクオリディア (ダッシュエックス文庫)クズと金貨のクオリディア
(ダッシュエックス文庫)

(2015/01/23)
さがら総、渡航(Speakeasy) 他
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1386-8c2f9a11

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫