今期唯一の中継

 2015-02-02
この冬はシクロクロスの中継放送が無くて物足りないのですが、そんな中唯一、J-Sports が放送してくれたレース、チェコのターボルで行われた世界選手権の模様を観ました。

町や村を繋いで走るようなコース設計で、沿道の風景や名所の映像を楽しんだり、雪が残るようなの山を自転車で登る圧倒的な走りを楽しんだりできるロードレースに比べ、シクロクロスは、フェンスで区切って設定されたコースを周回する競技なので、風景的な楽しみは少ないかもしれません。
また、ロードレースにあるようなチームワークやチーム戦術というようなものも、シクロクロスにおいては希薄ですから、そこも、日本人の好みからすればロードに負けてしまうところなのかも。

しかし、ぬかるんだ泥や雪の中を真っ黒になりながら全力疾走し、秒差を争うこのシクロクロスには、これならではの面白さがあるのです。
レースの中継を実際に視聴すればそれを確かめることもできるはずですので、J-Sports を視聴できる環境にある人は(今年のシーズンは終わってしまいましたけど、この世界選手権の再放送などもあるので)、是非、1度ご覧になってみてください。

なお、今年のレースは、オランダの若き選手、マテュー・ファンデルポールの独走勝利。
なんと、若干20歳の、今年がトップカテゴリーであるエリートへの初参戦の年に、とんでもない大金星を獲得することになりました。
また、2位に入ったのは、ベルギーの同じく20歳、昨年のアンダー23のチャンピオンである、ワウト・ファンアールトが入りました。

もちろんこのレースだけですべてを語るのが危険であることは言うまでもないのですが……
私が一番好きなスヴェン・ネイスは今年のシーズンは振るわなかったですし、今回の世界選手権の結果を見た限りでは、「世代交代」の四文字が脳裏をよぎります。
まだまだ、ベテランにも頑張ってほしい、個人的にはそう思っているのですが。

最後に、ネットを検索していたらこの大会のティザー動画を You Tube に見つけたので、それを下に貼っておきます。
短い動画ですが、シクロクロスの雰囲気は、これを観れば何となく分かるかもしれません。







タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1384-e991172e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫