2015年冬アニメ 開始時 雑感

 2015-01-12
いつものように、今期開始アニメの第1話を観た感想を、視聴順に書いていきます。

1) ユリ熊嵐

おお、これはまごうことなき幾原邦彦だなぁ、という一言に尽きるでしょう。
メタファー(と思われる要素)の連発で、非常に濃厚な、そして充実した時間を過ごさせてもらいました。
一見したところでは簡単に解釈ができそうなものも、もしかしたら更に別の意味を含ませられているのかもしれず、これは、最終話まできっちりと観終えなければ、本当の意味での評価のできないタイプの作品ですね。
まぁ、幾原作品は大体そうだろう、と言ってしまえばそれまでですが。
まだ断定はできませんが、テーマは、「ウテナ」や「ピングドラム」これまでの作品の延長線上にありそうな気配ですね。
今後が楽しみです。

2) 艦隊これくしょん -艦これ-

既にあちこちで指摘されているようですが、ソーシャルゲームをアニメ化するにあたって、要するに、『ストライクウィッチーズ』の亜流のような感じでストーリー構成をしてきたわけですね。
もともとのゲーム版をプレイしたことは無いので、ゲームではどこまで、どういうストーリーがあったのかは、分からないのですが……
このアニメ版のストーリーは、一応、アニメオリジナルということで、いいのですよね?
作画にはかなり力が入っていましたし、そういう点では、期待が持てそう。
話を楽しめるかどうかは、まだ判断しかねますけれど。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1368-3ba3156f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫