「Ciao! Mr.Kashibuchi」

 2014-12-19
2011年12月リリースの『Ciao!』という、25枚目のオリジナルアルバムを発表し、デビューから35年続いたバンドの歴史を
無期限活動休止という形で締めくくったムーンライダーズ。

そんなライダーズですが、昨年ド、ラマーの かしぶち哲郎 が、ガンで亡くなりました。
その命日に追悼ライブを行うことが発表され、けれどチケットを確保できなかったことは、以前にここで書かせてもらいました。
ムーンライダーズのファンとしては、是非とも参加せねばならないと思うライブであるだけに、大いに残念なのですが、それも仕方が無いと諦めていた、その追悼ライブ。

しかし、なんとも嬉しいことに、当初発売されたかしぶち の命日である12月17日のチケットが即日完売となったことを受け、その翌日の18日にも、同じ日本青年館を会場とした追加公演が行われることになったという発表があったのです。
幸いなことに、今度はなんとか抽選に当たり、追加公演に行けることが確定したのは、先月の27日のことでした。
今年のライブは11月15日の川崎、CLUB CITTA’での 9mm Purabellum Bullet で終わりにする予定でしたけれども、改めてチケットが確保できたからには、それも変更ということになります。

今回当たった2階のE列44番という座席は、ライブの臨場感を味わおうとするのに決して良いとは言えないのが残念ですが、クーベルタン伯爵ではありませんけれども、こういうのは会場にいることに意味があります。
日本青年館は古い建物なので、座席は前後も左右もかなり狭くて難儀なのですけれど、それもそれ。
贅沢は、言えませんよね。

今回のセットリストは、当然ですけれども かしぶち哲郎の 作った楽曲がメイン。
これが聴きたいな、という曲はほぼ演奏されたので、その意味では大満足な内容だったと言えます。
さらに、アンコールには故人の長男である橿渕太久磨 もドラマーとして参加して、かなりグっとくるエンディングとなっていました。

かしぶち さん。
改めて、良い楽曲をありがとうございました。

かしぶち哲郎 トリビュート・アルバム~ハバロフスクを訪ねてかしぶち哲郎
トリビュート・アルバム
~ハバロフスクを訪ねて

(2014/12/17)
V.A.
商品詳細を見る
Ciao!Ciao!
(2011/12/14)
ムーンライダーズ
商品詳細を見る
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1358-586cd38e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫