「卯月の雪のレター・レター」

 2014-10-15
今回の、「本館」更新に先がける読了本紹介は、相沢沙呼の「卯月の雪のレター・レター」。

これは、東京創元社の隔月刊雑誌『ミステリーズ!』に掲載された4つの短編に、表題作である1編の書下ろしを追加した短編集です。
内容的には、いわゆる日常の謎を扱った人死になどの出ないミステリーになります。

社会人から教育実習生から高校生から、収録された作品の主役は年代も様々ですが、1つ共通しているのはそのどれもが女性であるということ。
本作の前に読んだ『ココロ・ファインダ』もそうでしたが、これが相沢沙呼という作家の作風なの、かな。
あるいは、編集サイドからそういう要望が出ているという可能性も否定できませんけれど。

そんな風に思うのは、実際こうして女性視点で描かれている短編がなかなか面白いから。
ただ、長編の『午前零時のサンドリヨン』と『ロートケプシェン、こっちにおいで』では、探偵役こそ女子高生ではあるものの、語り手にして主人公は男子高校生だったりもしましたから、その辺は、まぁ、必ずしもここで断言はできないことです。

とりあえず、ここまで読んできた彼の作品はどれも楽しめたので、他の作品も、この際ですから一気に読み進めて行くつもり。

卯月の雪のレター・レター卯月の雪のレター・レター
(2013/11/20)
相沢沙呼
商品詳細を見る

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1325-58cf1d94

  • 相沢沙呼 『卯月の雪のレター・レター』【こみち】
    JUGEMテーマ:読書感想文     『酉乃初の事件簿シリーズ』や『マツリカシリーズ』のような   ミステリアスな女性が登場せず、ごくごく普通の女性を   描いた『卯月の雪のレター・レター」。   ちょっとミステリアスさが少ないので &amp...
【2015/03/05 06:06】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫