うぇぇ……

 2014-07-15
最初の休息日前のツール・ド・フランス第10ステージ。

ここにきて、しかも最終山岳もしくはその1つ手前の山岳で本格的に総合争いが始まる前に、コンタドールがまさかの大クラッシュをしてしまいました。
自転車が2つに折れていたという話もあるようなので、かなりひどく落車をしたということになります。
その場で止まったまま医師の治療を受け、そして再スタートはしたものの、結局しばらくしてコンタドールが、リタイアを決めてしまいました。

……うーん。

第9ステージでトニー・マルティンが見せてくれた独走逃げ切り勝利(本人いわく、自主的に個人TTを設定してみたそうです)に痺れまくっていた翌日に、これ、ですか。

フルームも既にダイ5ステージでリタイアしてしまっていますし、総合で断トツの優勝候補だった2名が、まだまだ本格的な勝負はこれからという段階で、ツールを去ってしまったことになります。
第3の男と言われていたヴィンツェンツォ・ニーバリと、好調を維持してツールに入ったアレハンドロ・バルベルデ辺りが、これを受けて今後、どういう争いを見せるのか……
ただ、総合は、かなりのパーセンテージでニーバリ有利、ということになりました。
ポイント賞も、既にペーター・サガンがぶっちぎりでリードしていますし、こうなると興味深いトピックは、山岳賞と新人賞、そして毎日のステージ優勝争い、ということになるのかなぁ。

ニーバリを応援しないわけではないのですけれども、総合争いの勝負としては、面白味は減った、と言えるかも。


それにしても、コンタドール……




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://pantarheibekkan.blog110.fc2.com/tb.php/1279-39370599

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫